ウェス・クーリー元選手に捧ぐ

Cooley_Suzuka8H2017w-800x441-680x456.jpg

鈴鹿8耐を2度制覇

ウェス・クーリー氏が65歳で亡くなった。このアメリカ人ライダーは、AMAスーパーバイクで2度のチャンピオンに輝き、Yoshimura Suzukiで鈴鹿8時間レースを2度制覇した。

ウェス・クーリー元選手は、10月16日、糖尿病の合併症により、アメリカ・アイダホ州の自宅で亡くなった。彼は、1979年と1980年のAMAスーパーバイク選手権で、エディ・ローソン元選手やフレディ・スペンサー元選手といった伝説的なライダー達と死闘を繰り広げ、そのライバル達から2度もタイトルを奪い取った。

→全文を読む

情報提供元 [ EWC × Webike 世界耐久選手権サポートサイト ]

           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る