’80s国産名車・カワサキZ400FX再見【新時代を開拓したカワサキ初の400ccマルチ】

ym2108-164-kawasaki-z400fx-01-1-680x558.jpg

今も絶大な人気を誇る’80年代の名車たち。個性の塊であるその走りを末永く楽しんでいくには何に注意し、どんな整備を行えばよいのだろうか? その1台を知り尽くす専門家から奥義を授かる本連載、今回はクラス初のDOHC並列4気筒を搭載した爆発的ヒットモデル「Z400FX」を紹介する。

●文:中村友彦 ●写真:富樫秀明/YM ARCHIVES ●外部リンク:ウエマツ東京本店

誕生から約40年を経て人気がさらに高騰中

’79年に登場した「Z400FX」は、’75年秋に施行された日本独自の免許制度、400ccを境とする中型/大型という区分を抜きにして語れないモデルだ。この免許制度改正で、若きライダーは夢を断たれたのだが(当時の大型二輪免許取得はとてつもなく難しく、またクラス唯一のOHC並列4気筒車だったCB400フォアは’76年に販売終了)、そんな中で彗星のように現れたのが、兄貴分のZ1/2系譲りにしてクラス初のDOHC並列4気筒を搭載する、Z400FXだったのである。

→全文を読む

【ウェビック バイク選び】
【Z400FX/Z400J】の新車・中古車を見る

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

カワサキ Z400FX/Z400Jの価格情報

カワサキ Z400FX/Z400J

カワサキ Z400FX/Z400J

新車 0

価格種別

中古車 5

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

352.96万円

価格帯 218~462万円

諸費用

25.69万円

価格帯 9.8~27万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

378.65万円

価格帯 227.8~489万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る