【新製品】KADOKAWA、新刊コミック『終末ツーリング』第2巻が発売 セロー×終末世界のSFツーリング

211007_comic_01-680x454.jpg

KADOKAWAは、好評連載中のコミック『終末ツーリング』(著:さいとー栄)の第2巻を9月27日に発売した。2人の少女がセローに乗って、誰もいない朽ち果てた世界をのんびり駆け回る、一風変わったバイクマンガ。

秋葉原や海ほたるなどの現実で見慣れた景色が、朽ち果てた終末世界となった緻密な背景描写にも注目だ。また、タイヤのパンク修理や、テントでの野宿、突然の大雨など、ツーリングの醍醐味もしっかり描写され、バイク乗りも楽しめる物語になっている。

終末ツーリング

【作品紹介】
ツーリングの名所を走る1台のオフロードバイク。2人の少女がタンデムでバイク旅を楽しんでいるように見えるが、周囲の景観はひどく荒れ果てていて……。誰もいない終末世界を2人の少女がバイクでトコトコと駆け回る異色のツーリングコミックが大好評連載中!
2人が乗るバイクはヤマハのセロー225。終末世界を反映して電動仕様に改造されている。第2巻では秋葉原で生存者の探索をした後、海ほたるを目指す。川崎側の東京湾アクアライン入口が海面上昇により水没しているため、木更津側の入口を目指して千葉方面を大きく迂回することに――。

【著者紹介】
さいとー栄(さいとー・さかえ)
漫画家。高校卒業後、アシスタントを経て週刊少年ジャンプ増刊号にてデビュー。多方面にて執筆活動を行う。代表作は『艦隊これくしょん ~艦これ~ いつか静かな海で』『刀使ノ巫女』など。実際にバイク乗りで、過去にはセロー225で各所をツーリングしたことも。「タンデムスタイル」にてバイク部品擬人化4コマ『はんくらっち!』も連載中。

【コミックス情報】
書名:終末ツーリング  
著者:さいとー栄
◆第2巻発売日:2021年9月27日(電子書籍も同日発売) 
◆定価:670円+税 
◆発行:KADOKAWA
◆月刊コミック誌「電撃マオウ」で連載中/WEBサイト「コミックウォーカー」にて無料配信中 
→https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM01201885010000_68/

情報提供元 [ KADOKAWA ]

           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る