SHOEI、低温降雨風洞設備が完成 -5℃の走行状態・降雨での検証が可能に

211007_shoei_setubi-680x510.jpg

低温降雨風洞設備の稼働開始

SHOEIは、茨城工場敷地内に低温降雨風洞施設(以下低温風洞)が新たに完成し、稼働を開始したことを発表した。

低温風洞は、最大72km/h相当の走行状態、気温は約-5℃までの低温環境下の走行状態で検証が出来るほか、雨量の調整可能な降雨設備を備え、降雨状態での検証も可能となった。

情報提供元 [ SHOEI ]

           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る