レースで勝つことより、純粋に走りを極めることを目的に誕生したこのスーパースポーツクラス。しかし、時代の流れととともにやはり勝利が至上命題となり、先鋭化した戦場となってしまった。’21年はそんな流れに一石を投じるヤマハYZF-R7が登場。新潮流が生まれるか?

スペック&価格の先鋭化に対し、新生R7が一矢を報いる!

かつては日本車の独断場であったが、外国車勢の巻き返しもあり、世界中のメーカーが入り乱れてサーキットでの頂点を極めるべく、200psオーバーのパワーと最新電脳制御を惜しみなく注ぎ込むようになったスーパースポーツクラス。’20年はホンダがついに「R」をひとつ増やした「CBR1000RR-R」を投入したのが話題になった。これに対し、ヤマハは「YZF‐R1」を改良して久々の国内仕様も設定。スーパーバイク世界選手権V6王者のカワサキは’21で「ZX‐10R/RR」を刷新して牙を研ぐ。ただ、リッタークラスではレースが大前提、価格も上昇し200万円以上当たり前といった先鋭化が進んでしまい、ユーザー層をかなり絞り込む形となってしまったのも事実だ。

→全文を読む

【ウェビック バイク選び】
【YZF-R7】の新車・中古車を見る

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

ヤマハ YZF-R7(OW-02)の価格情報

ヤマハ YZF-R7(OW-02)

ヤマハ YZF-R7(OW-02)

新車 4

価格種別

中古車 0

本体

価格帯 99.99万円

99.99万円

諸費用

価格帯 5.93~7.45万円

6.69万円

本体価格

諸費用

本体

万円

価格帯 ―万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 105.92~107.44万円

106.68万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ―万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
コメントを残す