【新車】ハスクバーナ、緻密なアップデートを施した「FS 450」2022年モデルを発売

211004_hsq-FS450_01-680x456.jpg

ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパンは、2022年モデルとなる「FS 450」を10月に発売することを発表した。印象的なニューカラーを採用するとともに、新たにBrembo製の油圧クラッチシステムを搭載することで、様々な状況での安定したアクションを実現する。

FS 450

発売予定時期:2021年10月
メーカー希望小売価格 :1,380,000円(消費税込)

211004_hsq-FS450_02-680x494.jpg

211004_hsq-FS450_03-680x405.jpg

211004_hsq-FS450_04-680x402.jpg

<主要諸元>
エンジン形式:水冷SOHC 4バルブ単気筒
総排気量:449.9 cc
変速機:5速
タイヤ(F/R):125/600 R-16.5” / 165/630 R-17”
ホイールベース:1,461 mm ±10 mm
シート高:890 mm
燃料タンク容量:約7L
車輌重量:約103 kg(燃料除く)
生産国:オーストリア

※競技専用車輌です。
※保証期間は1か月です。
※主要諸元の値はEU仕様のものです。日本仕様では値が異なる場合があります。

テクニカルハイライト

・新開発のBrembo製油圧クラッチシステム
・安定したダンピングを実現するフロントフォークのミッドバルブダンピング
・リアショックの低摩擦リンケージシールにより、スムーズなアクションを実現
・優れた快適性とコントロール性を実現するハイグリップシート
・22mmのフロントホイールアクスルによる優れたフォークレスポンス
・63馬力を発揮するわずか27.3kgのSOHCエンジン
・最適なフレックス特性を持つフレームによるライダーへの優れたフィードバック
・軽量かつ堅牢なカーボンファイバー複合材製サブフレーム
・軽量かつ最適な剛性と信頼性を持つスイングアーム
・プログレッシブで安定した減衰力を発揮するWP製 XACTフロントフォーク
・266mmのストロークを持つWP製 XACTリアショック
・Alpina製ブラック16.5/17インチスポークホイールとブリヂストン製スリックタイヤによる優れたパフォーマンス
・機能的でモダンなデザインの個性的な外観
・優れた機能とスタイルを持つProtaper製ハンドルバー
・最大限のトラクションでスタートをサポートするローンチコントロール
・優れたコントロール性と制動力のBrembo製ブレーキ

【ウェビック バイク選び】
【FS450】の新車・中古車を見る

情報提供元 [ ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパン ]

           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る