世界GP王者・原田哲也のバイクトーク Vol.63「ヤマハからアプリリアへ…チームの責任とは」

2021_MEYM__GIB0115-2-680x456.jpg

1993年、デビューイヤーにいきなり世界GP250チャンピオンを獲得した原田哲也さん。虎視眈々とチャンスを狙い、ここぞという時に勝負を仕掛ける鋭い走りから「クールデビル」と呼ばれ、たびたび上位争いを繰り広げた。’02年に現役を引退し、今はツーリングやオフロードラン、ホビーレースなど幅広くバイクを楽しんでいる。そんな原田さんのWEBヤングマシン連載は、バイクやレースに関するあれこれを大いに語るWEBコラム。第63回は、オーストリアGPの大波乱レースとビニャーレスについて。

TEXT:Go TAKAHASHI

大絶叫の第11戦オーストリアGPは記憶に残るレース!

2週連続でレッドブルリンクで開催されたMotoGP。第11戦オーストリアGPは、天候の影響で大波乱のレースになりましたね。MotoGPクラスは、決勝レースが始まる前から小雨がパラついていたようで、1周目から白旗が掲示され、フラッグ・トゥ・フラッグが宣言されました。全車がスリックタイヤで走り出していましたが、途中で路面状況が変われば、レインタイヤを履いたマシンの乗り換えが可能ということになります。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る