モト・グッツィ、新工場兼ミュージアム建設計画を発表 新型モデル「V100マンデッロ」を公開

210924_motoguzzi_01-680x456.jpg

モト・グッツィは、9月10日に「2121年への道:モト・グッツィの次の100周年」として、1世紀に渡りすべてのモト・グッツィを生産してきたファクトリーの、大規模な保存および再構築プロジェクトを発表した。

誰でも利用可能なオープンスペースを備え、文化やデザイン、メカニックをベースに、現代のトレンドに沿う環境に配慮した新工場と、グッツィのオーナーをはじめとしたグッツィ製品の独自性に関心を持ったライダーや、外国人観光客が集まるコミュニティのための出会いの場を提供し、ピアッジオグループは機械的な統合のみならず、モダンデザインの見本としてモト・グッツィブランドの構築を目指す。この開発には世界的に有名な建築家、グレッグ・リン氏が設計に携わっており、2021年末までに着工、2025年の上半期に竣工される予定だ。

また、この発表イベント内で、美しいライン、最新鋭のエンジンや最先端のテクノロジーを採用した新型モデル「V100 マンデッロ」を初披露した。この新型モデルは、11月23日にミラノで開催される EICMA 国際モーターサイクルショーにて公式発表される。

V100 マンデッロ

210924_motoguzzi_02-680x454.jpg

2121年への道:モト・グッツィの次の100周年|モト・グッツィ新工場紹介動画 レンダリング編

2121年への道:モト・グッツィの次の100周年|モト・グッツィ 新工場紹介動画 建築モデル編

モト・グッツィ V100マンデッロ | プレビュー動画

情報提供元 [ ピアッジオグループジャパン ]

           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る