2021年末前後に日本での発売を控えているヤマハの新型YZF-R7に、2022年モデルとして白×赤のスピードブロックカラーが欧州と北米で発表された。1961年5月から始まった世界グランプリ参戦の60周年を祝うカラーリングに加え、特別な60周年エンブレムやゴールドカラーのホイールなどの採用で際立った存在になっている。

YZF-R7以外にYZF-R1MやYZF-R3、YZF-R125にも特別カラーが設定された

北米でのこのカラーリングの正式名称は「YZF-R7 World GP 60th Anniversary Edition」。他にもベーシックグレードのYZF-R1にも同仕様が設定された。欧州では「R7 World GP 60th Anniversary」という名称で、他にはR1MやR3、R125がラインナップされた。

60周年記念車の欧州でのデリバリーは11月から開始されるが、日本では現在未発表。情報によると新型YZF-R7は国内では年末か年始頃に発売になり、この世界グランプリ参戦60周年記念仕様も同時にリリースされるという。

これで国内のYZF-R7のカラーバリエーションは、すでに海外で発売されている青、黒に加えて白×赤の3色展開になることが濃厚で、価格は通常カラーが税抜きで100万円以下、60周年車は同100万円程度と予想される。ちなにみ、北米での価格は通常カラーが約98万4500円(8999ドル)、60周年記念車が101万7000円(9299ドル)で、価格差は約3万2800円(300ドル)となっている。

▲MT-07ベースの689cc並列2気筒エンジンを搭載して登場する新型YZF-R7に設定された世界グランプリ参戦60周年カラー。ヤマハ伝統のストロボカラーが鮮やかだ。

▲スタンダードの新型YZF-R7。こちらはメインカラーのアイコンブルー。

▲スタンダードの新型YZF-R7は、ブルーとヤマハブラックの2種類がラインナップ。

【関連ニュース】
【新車】ヤマハ、スーパースポーツモデル「YZF-R7」を欧米で発売 2021年冬以降に日本発売
新型YZF-R7は北米で98万円、 生産国日本での価格も期待大! トラコン非搭載のシンプルSS

▲60周年車のタンクには記念エンブレムが貼り付けられる。

▲ダクトの入口にモノフォーカスライトを置いた新型R7。ゼッケン部分に黄色のカラーがアクセントだ。

▲タンクカバーのスリットはYZR-M1から引き継いでいる。

▲タンクの上部にはセンターに赤のラインを配置している。

▲両サイドにダクトを設けたシートカウルにも赤のラインとロゴを配置。

▲センターカウルのスピードブロックパターンが、このカラーリングのキモとなるデザインだ。

▲メインフレームはMT-07のスチールパイプと共通となるが、違和感なくフルカウル化している。

▲YZF-R7のフロントフォークは径41mmの倒立フォークに換装されている。

▲60周年記念車は前後ともゴールドのホイールを採用している。

▲60周年記念車は左からYZF-R1/M、YZF-R7、YZF-R3、YZF-R125に設定されている。日本ではYZF-R25にも設定されるだろう。

欧州仕様「YZF-R7」主要仕様諸元

全長×全幅×全高 2,070mm×705mm×1,160mm
シート高 835mm
軸間距離 1,395mm
車両重量 188kg
原動機種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列 直列2気筒
総排気量 689cm3
内径×行程 80.0mm×68.6mm
圧縮比 11.5:1
最高出力 54.0 kW (73.4 PS)/8,750rpm
最大トルク 67.0N・m(6.8kgf・m)/6,500rpm
始動方式 セルフ式
燃料タンク容量 13L
燃料供給方式 フューエルインジェクション
タイヤサイズ(前/後) 120/70ZR17M/C (58W) / 180/55ZR17M/C (73W) (前後チューブレス)

【ウェビック バイク選び】
【YZF-R7】の新車・中古車を見る

この記事にいいねする

コメントを残す

ヤマハ YZF-R7(OW-02)の価格情報

ヤマハ YZF-R7(OW-02)

ヤマハ YZF-R7(OW-02)

新車 0

価格種別

中古車 1

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

117万円

価格帯 117万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ―万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す