【新製品】モリワキ、「Micronic オイルフィルター S1 Ti-Gold」を発売

210913_moriwaki_01-680x454.jpg

モリワキは、数ミクロンレベルのスラッジやメタルをキャッチする「Micronic オイルフィルター S1 Ti-Gold」を発売した。

最大部で35ミクロンの均一なK&P製「304ステンレスフィルター」を採用。繊維フィルターの7倍のフローでオイルポンプへの負担を軽減し、パワー&トルクアップに貢献する。
さらに、分解洗浄が可能で、洗浄時にはフィルターやマグネット(ネオジムレアアース磁石搭載)に残った不純物を目視確認でき、エンジンコンディション管理にも最適だ。洗浄は市販のパーツクリーナーで洗浄が行え、繰り返し使用できる。
また、モリワキTi GOLDカラーにアルマイトされたアルミ製フィルターハウジングにはヒートシンクが付いており、走行風により効率的に熱を逃がすことが出来る構造となっている。

Micronic オイルフィルター S1 Ti-Gold

210913_moriwaki_01-680x454.jpg

主な特徴

・ 高性能なオイルろ過性能
・ 繊維フィルターの最大7倍のオイルフロー
・ バイパスが開き循環するだけの時間を大幅に軽減、常にフィルタリングする
・ エンジンスタート直後に、短時間で理想的な油圧を提供
・ オイルポンプの負担を軽減し、全域でパワー&トルクUPに貢献、優れたオイルフローを可能とし、油圧や油温を改善する
・ ネオジウム磁石で高温時でもメタルを吸着
・ フィルタリングした不純物を目視で簡単に確認でき、エンジンのコンディションを把握できる
・ モノブロック削り出しアルミボディで高強度。ヒートシンク付きで冷却性能もアップ
・ FAA / PMA認定で航空機産業にも信頼される品質
・ 市販のパーツクリーナーで洗浄ができ、繰り返し使用可能。経済的で環境にやさしい

→適合車種/年式/型式はこちら

情報提供元 [ モリワキエンジニアリング ]

           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る