ボルドールではすべてが可能

Bol2019_2w-1536x762-1024x508-680x456.jpg

拮抗したライバル関係

2021年のFIM EWCタイトルへの道は、2021年シーズン開幕2戦を終えた現時点でも、混迷を深めている。9月18-19日にル・カステレで開催されるボルドール24時間レースでは、最大65ポイントが獲得可能で、現在の暫定順位を一新する可能性を秘めている。
また、10月に開催される最終戦のモスト8時間レースでも優勝すると50ポイントが加算されるため、2021年のタイトル争いは、未だ予想不可能な展開を見せている。

数日前にポール・リカール・サーキットで行われた合同テストにおいて、特に優れたパフォーマンスを発揮していたBMW Motorrad World Endurance TeamとYoshimura SERT Motulは、ボルドール24時間レースの優勝候補筆頭チームだ。

→全文を読む

情報提供元 [ EWC × Webike 世界耐久選手権サポートサイト ]

           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る