カワサキ、FIM EWC首位チームとしての決意

Estoril21_WebikeKawa-800x397-680x456.jpg

暫定チームランキングトップも2位とわずか5ポイント差

Webike SRC Kawasaki France Trickstarは、FIM世界耐久選手権の暫定ランキングトップとしてボルドール24時間レースに臨む。ライバルチームとの差はわずか5ポイント。すぐ後から強いプレッシャーを掛けられている。しかし、ジル・スタフラー監督率いる2018-2019年シーズンのFIM EWCチャンピオンチームは、過去に戦った24時間レースの経験を頼りに、ボルドール24時間レースでの優勝を目指す。

Webike SRC Kawasaki France Trickstarは、安定した走りで首位を獲得した。ジェレミー・ガルノニ選手、エルワン・ニゴン選手、デビッド・チェカ選手のライダートリオを擁するカワサキファクトリーチームは、ルマン24時間レース、ストリル12時間レースで2戦連続2位を獲得し、暫定チームランキングでトップに立っている。

→全文を読む

情報提供元 [ EWC × Webike 世界耐久選手権サポートサイト ]

           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る