カワサキの絶対王者が仮免許で公道を走る! ~ジョナサン・レイ、初めてのバイク免許

hi_JR-2-1-680x486.jpg

2015年にカワサキレーシングチーム(KRT)に参加して以来、6年連続でスーパーバイク世界選手権のチャンピオンを獲得し続けているジョナサン・レイ選手が、地元の北アイルランドで基本トレーニングとバイクテストの両方に、一発目の試験で合格した。

●情報提供:カワサキUK

34歳ジョナサン・レイ選手、バイクの運転免許を取得す

カワサキZ650のメーター前方に大きく掲げられた、赤い文字で「L」が入った標識プレート。これが示すのは、イギリスなどの免許取得時に必要になるラーナー(Learner)ライセンス段階にあることで、日本でいう公道で練習可能な「仮免許」のようなもの。国によって異なるが、申請するだけで送付されたり、取得のために筆記試験が必要(オーストラリア等)だったりする。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る