【ハーレー「Pan America(パン アメリカ)」試乗レポート】見た目以上にスポーティでオフも良く走る!ハーレーらしさ全開のアメリカ的冒険ツアラーだ

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

210713_kasori_210716_sagawa_05-680x454.jpg

152psの水冷Vツインに走行モードを搭載

ハーレーダビッドソン初のアドベンチャーツアラー「パン アメリカ 1250/スペシャル」は、今後成長が見込まれるセグメントへの積極的な参入というハーレーの新たなビジョンに基づいて開発されたブランニューモデルである。

210713_kasori_210716_sagawa_01-680x454.jpg

「Revolution Max 1250」と呼ばれる新開発の水冷Vツイン1,250ccエンジンは可変バルブ(VVT)を搭載し最高出力152psと幅広いトルクと高回転パワーを発揮。エンジンを直接マウントする軽量高剛性の新型シャーシは徹底したマス集中と低重心化が図られている。

210713_kasori_210716_sagawa_24-680x454.jpg

また、タッチパネル式の6.8インチTFTディスプレイでは多様な走行モード(ロード/スポーツ/レイン/オフロード/オフロード+/カスタム等)が選択できる他、コーナリングにも対応した先進安全システムを搭載するなど、今までのハーレーとは異なる新しいコンセプトのモデルとして誕生した。

シート高を自動調整する画期的システム

210713_kasori_210716_sagawa_02-680x454.jpg

「パン アメリカ 1250」にはSTDとスペシャルの2タイプがある。エンジンや車体の基本構成は共通だが、大きな違いとしてはスペシャルには電子制御式セミアクティブサスペンションが採用されていること。SHOWA製の最新システムがベースで、路面や走行状況に合わせて自動的に減衰力をコントロールする機能を搭載。

またシート高の自動調節機能 “アダプティブライドハイト(ARH)”を標準装備し、停止時に車高を下げることで快適な足着き性を実現した。

210713_kasori_210716_sagawa_03-680x454.jpg

さらにアダプティブヘッドランプやグリップヒーター、ハンドガードやエンジンガード等のプロテクター類、ステアリングダンパーやスポークホイール(日本仕様に標準装備)を備えるなど、よりオフロード向けかつ充実した装備となっている。

従来のアドベンチャーとは異なる個性派

210713_kasori_210716_sagawa_04-680x454.jpg

「パン アメリカ」は巨大マシンぞろいのアドベンチャーマシンの中でもひと際目立つサイズ感(車重258kg、ホイールベース1580mm)と迫力があり、4輪のJEEPにも似たワイルドな道具感が印象的だ。
だが、取り回してみると意外にも軽く感じる。バッテリーをエンジン下側に置くなどマス集中と低重心化が図られ、見た目以上に軽快かつ安定感がある。

210713_kasori_210716_sagawa_06-680x454.jpg

デザイン的にもクチバシ(ビーク)を持たず、4輪のような水平ヘッドライトにアルミ製ロングタンクを採用するなど、従来のアドベンチャーマシンとは異なる外観が新鮮。ハーレーのプライドと自信が垣間見える。
ライポジもやや手前に引かれたハンドルバーにゆったりと座れるクッション性の高いシートがクルーザー的など、そこかしこにハーレーらしさを感じる。

群を抜く足着き性、快適かつスポーティだ

210713_kasori_210716_sagawa_07-680x454.jpg

スペシャルに試乗してまず驚いたのが足着きの良さ。走行モードによっても車高が変わるが、停止時には最大で約5cm下がるそうだ。ライダーや荷物の重量によってプリロードが自動調整され、走行モードごとにサスペンションの減衰力が最適化される仕組みになっている。
停止直前にはセンサーが感知して車高が下がるのだが、その動きがスムーズなので乗っていても気付かないほどだ。シートも高さ調整が可能でローポジションにするとさらに下がるなど、他のアドベンチャーモデルと比べても足着きの良さは群を抜いている。

210713_kasori_210716_sagawa_08-680x454.jpg

エンジンはスロットルに対するレスポンスが穏やかで扱いやすく、基本的には低中速重視の出力特性ではあるが従来のVツイン的な鼓動感と異なり8000rpm過ぎまでスムーズかつパワフルに回ってくれる。
ワインディングでは「スポーツ」モードで走ってみたが、エンジンのレスポンスは鋭くなり図太いトルクで巨体をぐんぐん加速。前後サスもダンパーが効いたスポーティな足まわりに最適化され、コーナリング中も路面に吸い付く安定感で狙ったラインを正確にトレースできるなどハンドリングも秀逸。
ロングツアラーとスポーツパイクの両方のメリットを持ち合わせたモデルだ。

予想以上のオフロード性能に思わず脱帽

210713_kasori_210716_sagawa_09-680x454.jpg

ダートコースでもVツインの路面をつかむエンジン特性とバランスの良い車体、しなやかなサスペンションにより、気持ちの良いオフロード走行を楽しませてくれた。
「オフロード」モードで走ってみたが、前後サスのストローク感が増して路面の凹凸をきれいに収めつつ、ABSとトラコンも介入度が抑えられオフロード向けに最適化され、スロットルを思い切り開けてもスライド量を適度に調整してくれる。
車体さえ傾け過ぎなければ後輪を穏やかに滑らせながら車体の向きを変えていくアドベンチャーらしい走りも可能で、ギャップを利用した軽いジャンプやヒルクライムなども余裕でこなせるほど。
ちなみに上級者向けの「オフロード+」モードでは後輪のABSがカットされトラコン介入度も最小となり、軽くフロントアップして段差を越えたりもできる。標準装着タイヤのミシュラン製「スコーチャーアドベンチャー」も見た目以上のグリップ性能で緩めのダートでも安心して走行を楽しめた。

210713_kasori_210716_sagawa_10-680x453.jpg

広大なアメリカ大陸を、地平線を目指してどこまでも走り続ける。「パン アメリカ」の名前のとおり、まさに米国を旅するために生まれたオールマイティな本格派アドベンチャーツアラーである。強力なライバルが群雄割拠する中、ハーレーのブランド力やARHによるアドバンテージでどこまで食い込めるか楽しみだ。

最大の特徴と言えるのがアダプティブライドハイト。停車中にはシート高を下げて足着きを確保し、走行中は最適な車高に自動調整する。SHOWAが開発したハイトフレックス搭載のセミアクティブ前後サスペンションをベースにした画期的なシステムである。

【ウェビック バイク選び】
【PAN AMERICA 1250】の新車・中古車を見る

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

           

ウェビックチェックインラリー2021でポイントゲット
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る