close_icon_bold.png

【KTM 1290アドベンチャーR 試乗インプレ】巨大オフロードマシンがさらに進化!普通じゃない走りを電制が賢くサポートしてくれる

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】
写真/渡辺 昌彦

210629_sagawa_01-680x454.jpg

足まわりを中心にガチオフ仕様へとアップグレード

KTMの2021アドベンチャーシリーズのメディア向け試乗会の続報。今回は「1290スーパーアドベンチャーR」についてレポートしたい。

【関連記事】
【KTM 1290アドベンチャーS 試乗インプレ】自然なフィーリングで自動追尾してくれる!「ACC」で高速ツーリングがさらに安全快適に

4年ぶりのフルチェンジとなる1290スーパーアドベンチャーR はKTMを代表するフラッグシップモデルである。エンジンや車体については前回レポートした「S」と共通としつつ、足まわりを中心にオフロード向けの仕様になっているのが特徴だ。

210629_sagawa_05-680x454.jpg

WP製前後サスペンションは「S」が電子制御式であるのに対し「R」はマニュアルタイプのフルアジャスタブル式を採用し、ストローク長も前後220mm(Sは200mm)と長めの設定に。最低地上高も20mmプラスとし走破性を向上。そのぶんシート高も880mmと高められた。ホイールも前後90/90-21インチ、150/70-18(Sは120/70-19、170/60-17)と大径化され、BS製アドベンチャー用タイヤのA41を標準装着するなど、オフロードでの本格的な走りを想定した仕様になっている。

210629_sagawa_06-680x454.jpg

究極のアドベンチャーワールドを夢見る人へ

今回は時間の関係でオフロード走行のみとなったが、終日の雨でテストコースの路面はとても滑りやすく難しいコンディション。ただでさえ走るのを躊躇したくなるが、目の前にあるのは1300ccのモンスターマシンだ。
路面の感触を確かめつつ、徐々にスロットルを開けていったが、想像していた以上に車体の動きが安定していて前後タイヤからも接地感が伝わってくる。オフロードモードで走ってみたのだが、出力特性も穏やかでサスペンションも割とソフトタッチ。じゃじゃ馬を想像していたが、ずっと安心できる乗り味にまずはひと安心である。

210629_sagawa_02-680x454.jpg

ひとつひとつ検証してみたが、まずタイヤが良い。試乗車には標準装着のA41からさらに一段とオフロード性能が高いAX41が装着され、大きめのブロックがしっかりと路面を掴んでくれている感じ。前後サスも専用設計のWP製XPLORが奢られ、ストローク感たっぷりのしなやかな動きで路面に追従してくれる。
細かい凹凸をイニシャルの動きでいなしつつ、大きなギャップに対しては奥でダンピングが立ち上がって衝撃を吸収してくれるのだ。ボディワークも改良されている。フューエルタンクが左右にも振り分けられた3パート構造になったおかげで低重心化されて車体の動きが安定しただけでなく、ホイールベースの短縮とスイングアームの延長などにより運動性能も高められている。
これは790/890アドベンチャー投入時にも説明があったが、ラリーマシン由来の設計思想であることは容易に想像がつく。

210629_sagawa_03-680x454.jpg

電子制御もさらに進化した。「オフロードモード」で走ってみたが、出力は抑えられてスロットルレスポンスも穏やかに。KTM伝統のV型2気筒「LC8」エンジンはそのアグレッシブなイメージとは異なり、出力特性は滑らかで扱いやすく調教されている。

オフロードABSも秀逸で、ヌタヌタ路面のコーナー手前でフロントブレーキを思い切り握っても平然と減速してくれるし、リヤブレーキもロックされずに絶妙な滑り具合でスライド量をコントロールしてくれる。
トラコンについても同様で、コーナー立ち上りなど車体が少し傾いた状態のままアクセルを開けていっても急に後輪が流れ出すこともなく、適度にトラコンが介入して収めてくれる。何回かトライするうちに「ここまでなら大丈夫」という確信が持てればオーケー。あとは機械が上手くやってのけてくれるのだ。

最新の6軸コーナリングセンサーと連動した制御技術は凄いものだと思う。そして、コンディションが悪い場所ほどその恩恵を実感するはずだ。もちろん、元がハンパじゃないのでムリは禁物であることは言っておきたい。

210629_sagawa_04-680x454.jpg

万人向けのモデルではないだろう。だがその驚異的なポテンシャルの高さは、KTMが目指す理想のアドベンチャー像でもあるのだ。それを承知の上で、究極のアドベンチャーワールドを夢見る人にはイチ押しのマシンと言えよう。

【ウェビック バイク選び】
【1290 SUPER ADVENTURE R】の新車・中古車を見る

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

           

ウェビックチェックインラリー2021でポイントゲット
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加

ピックアップ記事

  1. 210721_motorepo-off5-680x453-1-150x112.jpg
    オーナーの満足度から、おすすめバイクをご紹介 「ウェビック コミュニティ」に登録されて…
  2. 210720-honda-bywire-680x456-1-150x112.jpg
    ホンダの「クラッチバイワイヤシステム」なる特許が6月10日に公開された。今まではレバーからの…
  3. 210721_kagayama_01-150x112.jpg
    ■大会名 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第5戦 第53回 MFJグランプ…
ページ上部へ戻る