【Webikeチームノリックヤマハ】もてぎロードレース選手権 第2戦

210623_norick0613_02.jpg

■大会名:もてぎロードレース選手権 第2戦
■開催日:2021年6月13日(日)
■開催場所:栃木県 ツインリンクもてぎ

■ライダー/レース結果
・ST600クラス #81 青田魁
予選:14位
決勝:クラス7位

レースレポート

ツインリンクもてぎで開催された「もてぎロードレース選手権 第2戦」ST600クラスへ青田魁選手が参戦しました。

青田魁

■もてぎロードレース選手権 第2戦 ST600クラス

予選:14位 決勝:クラス7位 Best Time:2’02.097

210623_norick0613_01.jpg

210623_norick0613_03.jpg

210623_norick0613_4.jpg

210623_norick0613_05.jpg

210623_norick0613_06.jpg

210623_norick0613_07.jpg

阿部光雄監督コメント

カイはR6(600cc)乗り始めの転倒がまだ尾を引いているようで本来の力を発揮できないでいる現状ですが、走ることにより克服するのが最善と本人もチームも考えております。
金曜日の練習ではでは2分5秒3が限界だったのですが、日曜日の予選では自己ベストを1秒5以上縮める2分2秒台でした。(タイム 2分2秒677 14位)

決勝はスタート良く、1周目12位で帰ってきました。
12位辺りで他車との間を走っていましたが、前走車の転倒があり徐々に順位を上げ、最終ラップには自己ベスト2分2秒097をマークしました。
結果は全体で9位、クラス7位 ベストタイム2分2秒097でフィニッシュとなりました。

カイはブレーキングに大きな問題を抱えていて、しっかりと握ることができずにコーナーの相当手前からブレーキングに入るため、制動距離が長くなり、コーナリングスピードが上がらず、タイムアップが中々出来にくい状態です。
今回自己ベストを3秒以上更新できたのは、レース中に他車とのブレーキングポイントが明らかに違うのに気づき改善がされた結果だと思います。
スピードが下がった時のバンク角は深いので、今後、練習ともっと上位との競り合いの中で、レートブレーキングとアクセレーションを会得し、高速での深いバンク角に耐えることができる様になれば本来の力を発揮できるようになると思います。
今回はそのきっかけができた様に思います。

引き続き応援を宜しくお願いいたします。

photo by Ishizaki Nobuki

情報提供元 [ Webike Motosport ]

           

ウェビックチェックインラリー2021でポイントゲット
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る