ニンジャZX-25Rで実測200km/hに挑戦#2【吸排気フルチューン仕様で大台突破なるか!?】

210602_ym-zx25r-2-680x456.jpg

●文:ヤングマシン編集部(宮田健一) ●写真:山内潤也 ●取材協力:トリックスター デジスパイス ラピッドバイクジャパン(JAM)

世界最強のニンジャZX-25R計画を進めているトリックスター。これまでの解析によって明らかになったパワーアップへの糸口の数々を結集して、実証する新ステージに到達した。その一発目として、エンジンはノーマルのまま、吸気系/マフラー/サブコンピューターのポン付けチューンだけで、世界初の実測200km/hオーバーに挑む。後編ではいよいよトリックスターが手がけた吸排気フルチューン仕様車が登場だ!

真打ち登場! トリックスター吸排気フルチューン仕様車

前ページでまとめた通り、まずフルノーマルでのテストは実測180.0km/h。次にアクラポヴィッチとイカヅチの2本のJMCAマフラーでテスト。ファイナルもロングにしたイカヅチ装着車では実測191.9km/hへとポンとスピードアップしてしまった。これなら吸気系までイジった本命フルチューン仕様なら楽勝のはずだ。

→全文を読む

【ウェビック バイク選び】
【ZX-25R】の新車・中古車を見る

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

           

20210413_wms_magazine_1280_160.png
   
20210201_wms_336_280.png
ページ上部へ戻る