待望のシーズン開幕戦、6月12-13日にルマンでいよいよ開催

210607_ewc-680x456.jpg

2021年6月12-13日、2021年FIM世界耐久選手権の第1戦「ルマン24時間レース」が、いよいよフランス・ルマンのブガッティ・サーキットで開催される。ファクトリーチームと下剋上を狙うプライベートチームの両方で、新たなライダーラインナップや有力選手が名を連ね、それにより、今回のレースは、よりスリリングな戦いになることが予想される。

熱い戦いが予想されるライダーラインナップ

待ち時間は、さらなるプレッシャーを与えている。2021年のワールドタイトルを狙う新たな候補者たちが、今シーズン、初めてルマンでレースを行う。

2019-2020年シーズン、準優勝を果たしたYART Yamahaは、カレル・ハニカ選手、マービン・フリッツ選手、ニッコロ・カネパ選手という同様のメンバーで戦いに挑む。

また、2018-2019年のFIM EWCチャンピオンであるWebike SRC Kawasaki France Trickstarも、ジェレミー・ガルノニ選手、エルワン・ニゴン選手、デビッド・チェカ選手からなる同じライダーラインアップでタイトル獲得を再び目指す。

→全文を読む

情報提供元 [ EWC × Webike 世界耐久選手権サポートサイト ]

           

20210413_wms_magazine_1280_160.png
   
20210201_wms_336_280.png
ページ上部へ戻る