ヤマハ、野左根航汰選手がWorldSBK第2戦エストリルで進化!レース1・2でポイント獲得

210601_nozene-680x453.jpg

レース2で自己ベストとなる13位

GRT Yamaha WorldSBK Teamの野左根航汰選手が、スーパーバイク世界選手権 エストリルラウンドに参戦した。ウイーク初日のFP2セッション終盤、ハイサイドにより大クラッシュに見舞われたが、幸いにして大きな怪我はなく、決勝に臨んだ。

決勝・レース1、18番グリッドからスタートし、着実に順位を上げ最後までポイント圏内争いを展開。15位でチェッカーを受けポイント獲得した。

2日目のウォームアップは、マシンに技術的トラブルがあり欠場したものの、スーパーポールレースは15位、レース2ではグリッド16番手からスタートし、13位でチェッカーを受け、これまでの全6レース中5レースでポイントを獲得した。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

           

20210413_wms_magazine_1280_160.png
   
20210201_wms_336_280.png
ページ上部へ戻る