’80s国産名車・ホンダCB-F完調メンテナンス#2【対策部品投入で+αの性能を獲得】

210531_ym-cbf-680x456.jpg

●文:ヤングマシン編集部(中村友彦) ●写真:富樫秀明 YM ARCHIVES ●取材協力:ジェイズ

今も絶大な人気を誇る‘80年代の名車たち。個性の塊であるその走りを末永く楽しんでいくには何に注意し、どんな整備を行えばよいのだろうか? その1台を知り尽くす専門家より奥義を授かる本連載、今回はホンダ第2世代の並列4気筒モデルとして大ヒットした「CB-F」シリーズのウィークポイントを解説する。

CB-Fシリーズ3つの弱点の主な原因は経年劣化と調整不良

CB-Fシリーズの弱点と言えば、充電不良/カムチェーンの伸びや破損/スタータークラッチの滑りなどが有名である。しかしながらジェイドの宮繁代表は、その3点を弱点と表現することに対して、少なからず違和感を持っているそうだ。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

           

ウェビックチェックインラリー2021でポイントゲット
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る