骨伝導型ヘルメットスピーカー「アドサウンド」試用インプレ【奥行き感のある音質は画期的!】

210507_ym_kotudendo-680x456.jpg

●文:ヤングマシン編集部(大屋雄一) ●写真:真弓悟史 ●取材協力:あおごち

骨伝導技術によってヘルメットの帽体そのものをスピーカーにしてしまうという製品「アドサウンド」が新登場。耳に直接スピーカーが触れないので周囲の音も聞き取りやすく、わずらわしい配線が不要というイージーさは実に魅力的だ。

[〇] まるでホールのようなシームレスな音質

不思議だ……。耳元にスピーカーがないのに音楽が違和感なく聞こえてくる。しかも、まるで映画館やホールで聞いているような奥行き感すらある。これはあまりにも新鮮だ。

この「アドサウンド」は、帽体を振動させてヘルメット自体をスピーカーにするという画期的な製品で、音源は専用アプリを介してブルートゥースで伝える仕組みだ。加速度センサーを搭載しているので、走行状態に応じて自動的に音量を増減したり、帽体をタップして音楽の再生&停止する機能も盛り込んでいる。なお、専用アプリにはイコライザもあり、好みの音質に調整することも可能だ。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

20210413_wms_magazine_1000_350.png

           

20210413_wms_magazine_1280_160.png
   
20210201_wms_336_280.png
ページ上部へ戻る