close_icon_bold.png

2021年FIM EWC オッシャースレーベン8時間レース開催を断念

210507_ewc-calender-680x456.jpg

代替日程の調整つかず

FIMとEurosport Events、そして、ドイツのレース主催者は、2021年FIM世界耐久選手権のドイツ戦、オッシャースレーベン8時間レースの開催日程変更に尽力してきたが、残念ながら、新しい日程を調整することは叶わなかった。
数週間前、2021年5月23日に開催が予定されていたオッシャースレーベン8時間レースは、ドイツでの新型コロナウィルス感染症に伴う規制により、延期を余儀なくされた。

しかし、それ以来、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)、FIM EWCのプロモーターであるEurosport Events、そしてドイツのレース主催者は、オッシャースレーベン8時間レースの日程を再調整すべく、協力し合ってきた。

優先事項として、6月12日-13日のルマン24時間レース、7月17日のエストリル12時間レース、9月18日-19日のボルドール、11月7日の鈴鹿8耐の変更された開催日程を考慮しつつ、各チームの運搬体制に見合った日程を調整することだった。

→全文を読む

情報提供元 [ EWC × Webike 世界耐久選手権サポートサイト ]

20210413_wms_magazine_1000_350.png

           

20210413_wms_magazine_1280_160.png
   
20210201_wms_336_280.png

ピックアップ記事

  1. 210611_ewc-680x456-1-150x112.jpg
    2021年ルマン24時間レースに参戦する47チームのうち30チームが参加するスーパーストック…
  2. 210604_ym-galage-680x456-1-150x112.jpg
    ●文/写真:モトメカニック編集部(栗田晃) ●取材協力:デイトナモーターサイクルガレージ …
  3. webike_plus_meeting_850_500-680x400-1-150x112.png
    例年、ツインリンクもてぎで開催されるトライアル世界選手権に合わせて開催されていたWebike…
ページ上部へ戻る