アエラはオートバイパーツにすぐれた機能のみならず、所有することへの喜びも追求している。
高い精度や品質を確保するために高精度な切削機械を導入しているが、最後にたどり着くのは人の感性。
なぜならば各パーツはライダーの身体の一部として機能しなければならないからだ。

走る喜びをかきたてる、ハイエンドパーツ群

アエラでは素材から加工方法に至るまで一切妥協せず、理想のパーツづくりに挑んでいる。
製品開発では、平均的な日本人体型をベースに、車両の個性に合わせて「日常的スポーツ」をコンセプトに開発・生産・量産まで一貫して自社で行っている。
ダイレクトな操作感や、適度な剛性感から生まれる安心感はライダーとの一体感を生み、操る喜びや楽しさを得ることができる。
2020年からはカワサキのパーツ開発も手掛け、多くのオーナーに感動を届けている。

→全文を読む

コメントを残す