CB1300やZ900RSなどと比べてレブル1100を選んだオーナー、決め手は低シート高とDCT! 【今週の愛車ピックアップ】

210422_aisha_01-680x510.jpg

レブル1100 2021年式 (1082cc)
オーナー:stepさん

ウェビックコミュニティに投稿されているMYバイクの中から、「step」さんが今乗っているバイク、レブル1100デュアルクラッチトランスミッション(DCT)をご紹介します。

2021年3月に発売されたばかりのレブル1100DCTは、2017年に復活したレブル250/500シリーズの最大排気量版です。CRF1100Lアフリカツインの並列2気筒エンジンを搭載していますが、クルーザー向けに出力特性がリファインされていて、最大トルク発生回転数は1500rpm引き下げられています。これによって低回転でドコドコとした鼓動感を味わいながら加速していくのが気持ちいいフィーリングになっています。

エンジンの大きさがほぼ4倍になったことがレブル250に比べると大きな価値となっていて、250の回すエンジンから、レブル1100は余裕のトルクでクルージングできる本来の魅力が味わえるものになっています。それでいて低シート高が魅力のレブルシリーズの美点は受け継いるのがレブル1100の凄いところです。レブル250の690mmに対して700mmとわずか1センチしかシートが高くなっていないので、足着き性はほぼ遜色ないレベルとなっています。

レブル1100のMT仕様は5月13日と発売は少し先で、「step」さんが購入されたのはDCT仕様になります。ホンダの様々な車種に投入されているこのメカニズムは、エンジンの中身に装備されている6速ギアをATと同じように変速してくれるものですが、年々洗練されたものになっており、“マニュアル信者”のライダーでも自然な変速と快適さを認める仕上がりになっています。

MTにこだわりがなければ、STD(110万円)とDCT(121万円)の価格差は11万円なのでDCTを選んでもいいと思います。レブル1100の販売台数ではDCT比率が1.5倍以上となっていることもその仕上がりの良さを示しているでしょう。

<MYバイクコメントより>
■購入動機
購入動機:装備内容、見た目、価格に満足したから
用途:ツーリング
比較車種:CB1300SB、CB1000R、Z900RS
■長所
・身長170cmだが足つきは全く不安なし(跨ったままバックできる)
・DCTで自動変速
・アフリカツインがベースのエンジンで力強い加速
・ライディングモードが選択可
・クルーズコントロールも標準装備(高速道路やバイパスで右手が疲れにくい)
■短所
・燃費は20km/Lくらいですがタンク容量が13Lなので、200km超えたあたりから給油のことを気にする必要があります。
・風防を気にする方は、オプションのスクリーンカウル等をつけた方が良いと思います。
・シート下に容量3Lの収納スペースはありますが、ETC車載器・工具類・ドライブレコーダー本体・配線等が入っていて、荷物はそんなに入れられないので、積載性が気になるならサドルバッグやリアキャリアは必須でしょう。
■アドバイス
大型バイクに乗り換えたいけど、足つきや重量で不安を感じる・・・という方は多いかと思います。(私もそうでした)
このバイクは、そういった不安があまりないですから、デザインや気筒数の好みにもよりますが、候補のひとつになるかと思います。
そうはいっても1100ccですから、慣れるまでは運転も取り回しも注意が必要ですが、日頃から400ccクラスに乗っている方ならそれほど苦労なく取り扱えるでしょう。

>>Webikeコミュニティで「step」さんのバイク詳細情報を見る

バイクのスペックやユーザーレポート、新車・中古車情報など盛りだくさん!
【レブル1100:オススメ関連情報】
レブル1100の関連情報を見る
レブル1100の新車・中古バイクを見る
レブル1100のレビューを見る
レブル1100の関連パーツを見る
レブル1100の関連ニュースを見る

■バイクがもっと楽しくなる Webikeコミュニティ

20210413_wms_magazine_1000_350.png

           

20210413_wms_magazine_1280_160.png
   
20210201_wms_336_280.png
ページ上部へ戻る