優れたカスタムパーツを開発、リリースしているアドバンテージ。
独自のアイデアと高い技術が製品に活かされている。
そのアドバンテージがリリースしている「ダイレクトドライブレーシングディスク」はディスクのアウターとインナーのフローティング構造に新たなアイデアが採用されている。

DIRECT DRIVE RACING DISC

Moto2/Moto3でも支持される優れた制動力と耐久性

従来の丸いピン形状のフローティングディスクではなく、ダイレクトドライブというT型の形状でフローティングするという構造だ。
これにより従来のピンタイプの点接触からT型形状は面で接触するので横のガタつきが軽減され回転方向への縦の力もしっかりと面で受け止めている。
また面接触なのでアウターローターの熱がインナーローターへの熱伝導効率も良く放熱性も高い。
結果、高いコントロール性と制動力、そして耐久性を実現している。

→全文を読む

コメントを残す