【CRF250L】新型の出荷がようやく始まった!オフ性能大幅アップ【今週の愛車ピックアップ】

200406_mybike_01-680x454.jpg

20210201_wms_1000_124.png

CRF250L 2021年式 (250cc)
オーナー:YJOさん

ウェビックコミュニティに投稿されているMYバイクの中から、「YJO」さんが今乗っているバイク、CRF250Lをご紹介します。

2020年11月に発表された新型CRF250Lは、12月の発売以降もなかなか出荷されなかったモデル。現在、世界的なコンテナや船舶、半導体不足など様々な理由で新車の供給が滞っており、ウェビックコミュニティでも新型CRF250Lの登録が待たれていた状況でした。

新型CRF250Lは、8年ぶりのフルモデルチェンジが実施され、上級モデルであるCRF450Lルックの外観が与えられています。ヘッドライトなど灯火器類はフルLEDとなり、スタイリッシュな小顔でコンパクト化と軽量化を同時に達成。新作のフレームでは最低地上高が30mm高められていて、オフロードでの走破性向上に寄与しています。

注目は軽量化ですがABSを新たに装備したにも関わらず、なんと4kgも軽くなっています。エンジンは従来の改良型としつつもカムシャフトを変更することで、オフロードにより適した低中速域で力強く扱いやすい特性としています。

CRF250Lにはサス長の長いS(シート高880mm)とセロー250と同じシート高830mmのSTDがあります。STDは生産終了したセローの穴を埋めてくれる存在にもなってくれそうですが、「YJO」さんの評価によるとハードなオフ走行では重さを感じるようです。軽量化されたとは言えCRFはセローより7kg重いので、マフラーなどのカスタムで軽くするとより楽しみが増しそうです。

<MYバイクコメントより>
■購入動機
年間通して乗れるセカンドバイク、筋トレ用。
■短所
やっぱり重い、車体も大きく気楽に乗り出すのには躊躇します。
林道程度であれば全く問題ありませんが、林道の脇道へ入るのであればダイエット(バイクの)は必要かと思います。
乗りこなすにはテクニック以上に筋トレが必須。
■アドバイス
ハンドガードは気をつけてください。
ハンドルバーにバランサーがあります、M6ネジが切ってあるのでジータの場合、M6ネジに交換すればそのまま固定出来ます。

>>Webikeコミュニティで「YJO」さんのバイク詳細情報を見る

バイクのスペックやユーザーレポート、新車・中古車情報など盛りだくさん!
【CRF250L:オススメ関連情報】
CRF250Lの関連情報を見る
CRF250Lの新車・中古バイクを見る
CRF250Lのレビューを見る
CRF250Lの関連パーツを見る
CRF250Lの関連ニュースを見る

■バイクがもっと楽しくなる Webikeコミュニティ

20210201_wms_1000_124.png

ホンダ CRF250Lの価格情報

ホンダ CRF250L

ホンダ CRF250L

新車 105

価格種別

中古車 41

本体

価格帯 49.07~59.95万円

58.06万円

諸費用

価格帯 5.32~7.89万円

4.15万円

本体価格

諸費用

本体

49.75万円

価格帯 34.8~71.8万円

諸費用

1.56万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 54.39~67.84万円

62.21万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

51.32万円

価格帯 41.1~67.19万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る