今週の愛車ピックアップ ヤマハにもあった水冷Vツインスポーツ[XZ400]

210401_mybike_01-680x456.jpg

20210201_wms_1000_124.png

XZ400 1982年式 (400cc)
オーナー:イマサンさん

ウェビックコミュニティに投稿されているMYバイクの中から、「イマサン」さんが昔乗っていたバイク、XZ400をご紹介します。

1982年にデビューし、その年限りで消えていった知る人ぞ知るXZ400。同じ年にデビューしたホンダのVT250Fの陰に隠れた存在でしたが、その内容はVTに勝るとも劣らない先進のメカを採用した野心作でした。

特徴はやはり水冷のVツインエンジン。フラットなトルク特性が得られることから、並列4気筒に代わる存在としてメーカーがその存在に着目し、ホンダは1979年から世界グランプリにNR500で参戦。その技術をフィードバックしてVT250FやVFシリーズが1982年から発売されていました。

ヤマハのVツインエンジンは、ホンダの90度V型に対し、70度と角度を狭くして前後長を短縮。これで車体もコンパクト化できる上、スリムな車体で高いスポーツ性を狙いました。90度では打ち消し合う振動も70度V型では発生してしまうため1軸3ウエイトのバランサーをクランクシャフト前方に設置するなど、全く新しい技術が投入されています。

さらに、パワーも45psを発揮していて、当時の400cc並列4気筒モデルと同じ数値を2気筒エンジンで絞り出していたのは凄いところです。これを実現するためにFZ750やVMAXよりも早くダウンドラフトキャブを採用していました。ここまでやってなぜ人気が出なかったのでしょうか?
「イマサン」さんのコメントにあるように、ツーリングバイクと思われていたのかも知れません。シャフトドライブだし……。

20210201_wms_1000_124.png

<MYバイクコメントより>
■購入動機
RD250を廃棄し本格的にロングツーリングをしたいために購入。初期型はグレーだったが赤白のツートンが出るというのでそれまで待った。
■長所
ハーフカウルであったが、とにかく高速ツーリングで疲れない。また、赤白のツートンは非常に目立つ。ツーリングクラブを作り(約30名)連泊のツーリング用途が主。とにかく、当時のヤマハが考えられるテクノロジーを全てつぎ込んだようなバイクだった。水冷DOHC、ダウンドラフトキャブ、シャフトドライブ、ダブルディスク、懸垂型横置きVツイン。
■短所
ヤマハとしてはHY戦争が勃発した当初のバイクだったが、VT250に狙い撃ちされ殆ど売れなかった二輪。購入した初期型は100K~120Kの間でヨーイングが多発。また、オルタネータが焼き切れ充電負荷となったがXZの事故車を引き取り自前で交換した。またプラグのメンテナンス性が悪く手がプラグまで届かない。また、シャフトドライブ特有のバックラッシュ音があり、急発進時は必ず起きる。
■アドバイス
初期型以降、大型カウルのXZが出たが、取り回しは初期型のハーフカウルが断然良い。とにかく高速を使った長距離ツーリングに向いている。但し、18インチなので峠には不向き。

210401_mybike_02-589x680.jpg

210401_mybike_03-674x680.jpg

210401_mybike_04-508x680.jpg

210401_mybike_05-680x346.jpg

210401_mybike_06-680x589.jpg

>>Webikeコミュニティで「イマサン」さんのバイク詳細情報を見る

バイクのスペックやユーザーレポート、新車・中古車情報など盛りだくさん!
【XZ400:オススメ関連情報】
XZ400の関連情報を見る
XZ400の新車・中古バイクを見る
XZ400のレビューを見る
XZ400の関連パーツを見る
           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る