手足の操作はバイク任せで高速走行が楽チンに! 新世代クルーズコントロールは新感覚の体験だった

210319_ichimoto_mulv4s_01-680x454.jpg

ドゥカティの2021年新型ムルティストラーダV4Sが日本でも発売された。今回はテストコースでの試乗会が実施されたので、そのインプレッションをお届けしたい。新型ムルティV4Sは全てが刷新されているので、語る上での切り口があまりにも多い。ここでは、まずバイクで世界初採用のアダプティブクルーズコントロールを中心に取り上げたい。

アダプティブクルーズコントロール(ACC)は、従来のクルーズコントロール(CC)と何が違うのかというと、速度が自動で調整されることで前車との車間距離を一定に保ってくれること。文字にするとこれだけだが、そのインプレッションはまさに「新感覚!」。思わすヘルメットの中で「おー!」と叫んでしまうくらいなのだ。

もう一人のライダーがバイクの中にいる感覚!

テストコースの約2kmの高速周回路がACC体験の場となり、前の車やバイクと連なって走る機会が用意された。ACCのスイッチをオンにし、バイクが前車を捉えるとそこから追尾がスタート。前のクルマが減速や加速をわざと繰り返してくれたが、ムルティV4Sはきっちりと追尾してくれた。

→全文を読む

           

20210201_wms_649_174.png
   
20210201_wms_336_280.png
ページ上部へ戻る