今週の愛車ピックアップ 新車で買うならラストチャンス! 最新のCBR600RRは電子制御モリモリ[CBR600RR]

210324_mybike_01-680x456.jpg

CBR600RR 2021年式 (600cc)
オーナー:Webikeユーザーさん

ウェビック コミュニティに投稿されている MYバイクの中から、「Webikeユーザー」さんの今乗っているバイク、CBR600RRをご紹介します。

2013年型を最後に国内のラインナップから姿を消していたCBR600RRは、2020年に電撃復活を遂げました。同じ年にフルモデルチェンジを果たしたCBR1000RR-Rと同じフェイスデザインに加え、RR-Rよりも派手に飛び出たウイングレットも採用し、ルックスの本気度は満点です。

それでいて中身は600ccなので、価格もパワーもRR-Rより約80万円/約100ps抑えられているので、手に届きやすく気軽に付き合える存在です。メカニズム的には、エンジンやフレームなどは従来型を踏襲していて、元祖は2003年型CBR600RRがルーツ。特にエンジンはMoto2でも使われていた定評のある基本性能を備えています。

2020年型はこれに電子制御をフル投入したもので、コーナーリング進入時などはIMU(慣性計測センサー)が減速度やバンク角などをセンシングするABSがブレーキをサポートしてくれます。コーナーリング脱出時は、同じくIMUを活用したトラクションコントロールが効率のよい立ち上がりができるように助けてくれます。また、電子制御スロットルを採用したことで、ウイリー挙動緩和やエンジンブレーキも調整してくれるのです。

国内で買うことができる600ccの並列4気筒スーパースポーツモデルは、2020年限りでヤマハのYZF-R6が生産終了し、残るはこのCBR600RRのみという状況です(少し大きな636ccではZX-6Rも存在)。また、このCBR600RRは最新の令和2年排出ガス規制に対応していないので、新車で購入できる期間はあと1年半程と予想されます。本当に希少なモデルだけに、このラストチャンスを逃さないよう強くおすすめします。

<MYバイクコメントより>
■購入動機
ミドルクラスの新型4発に乗りたかったので。
比較車両zx-6r
■長所
走りの安定性には、満足してます。これが最近の電子制御モリモリのバイクかと我ながら感心してます。笑
街乗りは2気筒の方がトルクもあって乗りやすいかな?
■短所
正面の見た目は非常に気に入ってます。リアシート下の積載量に関しては、ETCを付けたら車検書とメンテナンスbook?でほぼほぼスペースは無く、専用工具は袋から出さないと入れられません。
■アドバイス
最近の4ストバイクは、ほぼほぼ故障はないでしょうね。多分 笑笑
オイル交換、簡単な整備等をきちんとしてたら、問題はないでしょう。維持は楽かな。

>>Webikeコミュニティで「Webikeユーザー」さんのバイク詳細情報を見る

バイクのスペックやユーザーレポート、新車・中古車情報など盛りだくさん!
【CBR600RR:オススメ関連情報】
CBR600RRの関連情報を見る
CBR600RRの新車・中古バイクを見る
CBR600RRのレビューを見る
CBR600RRの関連パーツを見る
CBR600RRの関連ニュースを見る

■バイクがもっと楽しくなる Webikeコミュニティ

           

20210201_wms_649_174.png
   
20210201_wms_336_280.png
ページ上部へ戻る