ツインリンクもてぎ、「2021 Motoフェスティバル」を7/4に初開催 バイク好きなら誰もが楽しめる「Webike+ Meeting」を併催

210323_Motofes_01-680x453.jpg

ツインリンクもてぎは、7月4日(日)と10月31日(日)に、新たな2輪モータースポーツイベント「2021 Motoフェスティバル」を開催する。

Motoフェスティバルは、「みんなでBikeを楽しむお祭り」を合言葉に、“参加しやすさ”に重点を置いたルール作りで、サーキットを初めて走る方や、仲間や家族で気軽にレースを楽しみたい方を対象として、100cc~125ccのミニバイクを使用する3時間耐久レース「Motoミニ 3Hours」をメインクラスに開催。

さらに同日開催のレースとして、7月はBMW「G310トロフィー」を、10月にはKawasaki Ninja ZX-25Rのワンメイクレース「Ninja Team Green Cup」をそれぞれ予定しており、ミニバイクや軽量級バイクで、MotoGP開催コースでのレースが楽める。

210323_Motofes_03-680x451.jpg▲Webike+ Meetingイメージ

またパドックではバイクライフ情報サイトWebikeのミーティングイベント「Webike+ Meeting(ウェビックプラスミーティング)」を併催。バイク展示や用品・カスタムパーツの出展を予定しており、レースに参加しない方でもバイク好きなら誰もが楽しめる週末となる。

2021 Motoフェスティバル開催概要

210323_Motofes_02-680x453.jpg

■日程
2021年7月4日(日)・10月31日(日)

■主催
株式会社モビリティランド /エム・オー・スポーツクラブ(M.O.S.C.)

■会場
ツインリンクもてぎ ロードコース

■開催レース
Motoミニ 3Hours(7月・10月) ※ミニバイク3時間耐久レース

■クラス
Motoミニ(100cc以下4サイクル)、エンジョイ(APE100/XR100)、NSF100、グロメット(GROM、MONKEY125)、KSR110、Z125PRO、GROM Cup

■参加資格
(1)申込時満12歳以上であること。
(2)当該年度有効な下記のいずれかのMFJライセンスを持っていること。
(エンジョイ、ピットクルーA、ジュニア、フレッシュマン、国内)

■参加料
40,000円(税込) ※別途、登録料が必要になります。

■登録料
ライダー 3,200円/名、ピットクルー 700円/名
※TRMC-SまたはSMSC会員以外の方は別途保険料(ライダー7,000円/名、ピットクルー500円/名)が必要です

■公式サイト
https://www.twinring.jp/motofes/

■同日開催
G310トロフィー(7月)/Ninja Team Green Cup(10月)

■併催イベント
Webike+ Meeting

情報提供元 [ モビリティランド ]

           

20210201_wms_649_174.png
   
20210201_wms_336_280.png
ページ上部へ戻る