YOSHIMURA SERT MOTUL、ルマンに登場

210312_ewc-yoshimura-680x456.jpg

ベストセッティングが施されたGSX-R1000R

新生ファクトリーチーム、Yoshimura SERT Motulがルマンに登場する。ルマンでのプライベート走行テストでは、2021年のワールドタイトル獲得に向け、Yoshimura SERT Motulのライダーとスズキマシンが初走行テストを行う予定だ。

一部の2021年FIM世界耐久選手権への参戦チームたちは、2021年4月17日、18日に開催されるルマン24時間レースの舞台となるブガッティ・サーキットで冬期テストを実施し、コースの確認を行っている。このサーキットには、現在、2021年の世界選手権の優勝候補が勢ぞろいしており、その中でも優勝候補として最も有力視されているチームが、ディフェンディングチャンピオンで新体制となったYoshimura SERT Motulである。

耐久レースのスペシャリストの2チームで結成された日仏連合チームは、すでにその目標をしっかりと捉えている。ヨシムラの技術スタッフとSuzuki Endurance Racing Teamは、ヨシムラが用意したブリヂストンタイヤ装着のスズキマシンで、今週、2021年型のセットアップを初めてテストしている。今回のテストに参加したのは、グレッグ・ブラック選手とブガッティ・サーキット初走行となる渡辺一樹選手だ。

→全文を読む

情報提供元 [ EWC × Webike 世界耐久選手権サポートサイト ]

           

   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る