2021年新型X-ADVはアグレッシブなスタイルと新エンジンを獲得!

【市本行平:Webikeニュース編集部】

ホンダは公式サイトでオンライン開催している「Honda Motorcycle Fes 2021」で、新型X-ADVを市販予定車として公開。X-ADVは、750ccのDCT付きエンジンを搭載したスクータータイプのクロスオーバーモデルで、唯一無二のコンセプトが人気の一台。2021年型で4年ぶりのフルモデルチェンジが実施されることになった。

電子制御スロットル採用で4種類のライディングモードが実現

新型X-ADVは、新型NC750Xと同様、エンジンのバルブタイミングや吸排気効率の変更、スロットルバイワイヤの採用により、約4ps以上の出力向上を実現させながら欧州の排出ガス規制であるユーロ5にも適合させている。

▲2021年新型X-ADV。価格や発売時期は未発表だ

また、エンジン出力やエンジンブレーキ、トラクションコントロール、ABSの介入度合いが異なる4つのライディングモードが設定可能になったのもトピック。スタンダード、スポーツ、レイン、グラベルの各モードを選ぶことができるだけでなく、ライダーの好みに合わせるユーザーモードも用意している。

デザインは、アグレッシブでワイルドな4輪SUV的な外観イメージを継承しながら、よりシャープなハイ・ロービーム合わせて12灯のLEDのデュアルヘッドライトや、よりシェイプされた複雑な面構成を統合させ、精悍さを増したデザインに変更。強烈なアイデンティティをより強めている。

▲ライディングモードの多彩な表示に対応した新メーター

▲フルフェイスヘルメットが1個入るシート下容量は1L増量された

【ウェビック バイク選び】
【X-ADV】の新車・中古車を見る

市本行平

市本行平 Webikeニュース編集部

投稿者プロフィール

元『ヤングマシン』編集長で現リバークレインメディア事業部マネージャー。
WebikeニュースやWebikeマガジンなどを担当しつつ、気になる記事を配信する。

この著者の最新の記事

           

ページ上部へ戻る