’35年に都内でバイクの新車販売が禁止されるって…?!【東京都の仰天?!電動化政策】

ウェビックバイクニュースはバイクに関するあらゆる情報を発信します

東京都でバイクに関する重大な方針が発表

今後のバイクに関する重大な方針が発表された。

’20年12月2日、政府の成長戦略会議で「2050年カーボンニュートラル」に向けた計画(案)が示され、’30年代半ばまでにガソリンやディーゼルによる内燃機関車の販売禁止を目指すという。これに続き、東京都の小池知事が同8日、都内でのガソリン車の新車販売について、「乗用車は’30年までに、バイクは’35年までにゼロにすることを目指す」と都議会で突如表明。
政府案にはなかった、バイクに関する明確な言及を行い、ライダーに大きなインパクトを与えた。また、電動カーで争う頂点レースの”フォーミュラE”の都内開催を目指すという。

今回”禁止”とされたのは純ガソリン車で、電動車(EV)はもちろん、ハイブリッド車(HV)もOK。商用車やトラックなどが対象かは不明だ。また中古車の販売は可能だろう。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

           

ページ上部へ戻る