玄人流のクラッチワーク、「下り坂」と「シフトダウン」時のコツ|ケニー佐川の「楽テクBIKE塾」 クラッチ操作(2)

ライディングスクール講師として豊富な実績を持つケニー佐川が、楽に楽しく安全にバイクを操るためのコツを記事と動画で分かりやすくアドバイス!バイク初心者はもちろん、リターンライダーからベテランまで目からウロコの楽ネタ満載です。今回はクラッチの切り方&つなぎ方について!

クラッチを一気につなぐと失敗しやすい

クラッチを切るときは「スパッ」と一気に切る。そして、つなぐときは「じんわり」というのがクラッチワークの基本になります。そんなこと知ってる、という人も多いと思いますが、ミスしやすいので発進のとき。急につなぐとバイクがドンと勢いよく前進してしまったり、逆にエンストしてしまったりすることも。そのときに車体が傾いていたり、ハンドルが切れていると、その衝撃で立ちゴケしてしまうことも。


クラッチを切るときはレバーの「遊び」をとった状態で準備しておく。そこからレバーを引けばタイムラグがなくスムーズにクラッチを切ることができるはず。

→全文を読む

情報提供元 [ Motor-Fan BIKES ]

           

ページ上部へ戻る