EWC(世界耐久選手権)とは

他のモータースポーツにはない特徴

FIM EWCとは、8時間から24時間の二輪耐久レースであり、オートバイとライダー(ほとんどが男性ライダー、時折り女性ライダーも参戦)の両方のポテンシャルが試されるエキサイティングなチャンピオンシップである。

2021年のシーズンは、フランス、ドイツ、日本、ポルトガルの4カ国で全5戦が繰り広げられる。2021年4月から10月にかけて、フランス・ルマンのブガッティ・サーキット、カステレのポール・リカール・サーキット、日本の鈴鹿サーキットなどの名門コースでFIM EWCは開催される。また、東ヨーロッパでは、ドイツのオッシャーズレーベンで、そして、最終戦は、ポルトガル・リスボン近郊のエストリル・サーキットで行われる。

Eurosport Eventsが、2015年にFIMとともにEWCのプロモーターに就任して以来、EWC世界耐久選手権は、メディアでの報道と視聴率が大幅に増加し、レースは世界中で放送されるようになった。その結果、ライダーラインナップはより国際的になり、毎シーズン、新たなハイレベルなチームやライダーがFIM EWCに参戦するようになった。

FIM EWCには、他のモータースポーツイベントとは違う特徴がある。

→全文を読む

情報提供元 [ EWC × Webike 世界耐久選手権サポートサイト ]

           

ページ上部へ戻る