close_icon_bold.png

新型「スピードトリプル1200RS」の実像 ストトリの美点を兼ね備えた新世代マシンだ!

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

210127_speedtriple1200rs_02-680x454.jpg

30馬力アップに10キロ減量の凄み

トライアンフから新型「スピードトリプル1200RS」が国内デビューする。デザインからエンジン、車体まで完全新設計のフルモデルチェンジである。

【関連ニュース】
【新車】トライアンフ、新型「SPEED TRIPLE 1200 RS」を発表

切れ上がったLEDヘッドライトにシャープな輪郭を描く細マッチョボディが走りを予感させる新型スピードトリプルは、Moto2で培った知見とノウハウが注がれた並列3気筒エンジンは排気量を1,160ccに拡大し最高出力はなんと従来比30psアップの180PS/10,750 rpmを実現。一方で車体は10kgも軽量化され装備重量で198kgまで絞り込むなど、運動性能を表す指標であるパワーウエイトレシオを劇的に向上させているのがポイントだ。

加えて、オーリンズ製の最高峰クラスの前後サスペンションと、ブレンボ製スティルマを標準装備するなど足まわりも豪華。改良されたトラックモードを含む5種類のライドモードの他、IMU搭載のコーナリングABS&切替式トラコンにクイックシフターで武装し、キーレスシステムにコネクティビティも標準装備するなど最新デバイスもテンコ盛りだ。

並み居るライバルを打ち負かす決戦用戦闘マシン

これまではわりと地味に改良を積み重ねてきたトライアンフとしては、ちょっとやり過ぎなぐらいの大進化である。裏を返せば、勝負に出てきた決戦用戦闘マシンと見ていいだろう。Moto2のエンジンサプライヤーとして名を上げたトライアンフではあるが、WSBKホモロゲモデルのようなリッタークラスのスーパースポーツを持っていない現状においては、この新型スピードトリプルがフラッグシップそのものだからだ。
事実、あらためてスペックを見てみると、そのパワーと車重、強靭な足まわりと充実した電子デバイスなどの装備を見ても、欧州勢トップクラスの高性能スポーツネイキッドに割って入る実力を備えている。

210127_speedtriple1200rs_01-680x454.jpg

ちなみにライバルと思われるモデルとそのスペックをざっと挙げてみたのだが、DUCATI ストリートファイターV4(V型4気筒1103cc/208ps/180kg乾燥車重)、KTM 1290スーパーデュークR(V型2気筒1301cc/180ps/189kg乾燥車重)、アプリリア トゥオーノV4(V型4気筒 1077cc/175ps/車重未発表)、新型BMW S1000R(並列4気筒999cc/165ps/199kg装備車重)あたりとガチ勝負になる予想。価格差と排気量も若干差があるので同一条件とは言えないが、想像を巡らせるだけでもワクワクするではないか。

従来型も扱いやすく、すこぶる速かった

自分は2018年にスペインで開催された現行型スピードトリプル1050の海外試乗会に参加したことがあるが、どこからでもアクセルひとつで猛然と加速する、まさにトルクの塊のような図太いパワーと安定感のあるハンドリング、そしてコーナリングABS&トラコンなどの安全装置に支えられて、初めてのサーキットでも安心して攻めることができたことを覚えている。

【関連ニュース】
【スピードトリプルRS ケニー佐川 試乗インプレ】3気筒らしさはそのままに さらに極まったグレード感

そのときに同時に乗ったMoto2プロトタイプの剃刀のような繊細な走りとは全く異質の、しかも断然扱いやすく、ある意味で“おっとりとした”走りがとても心地良かった記憶がある。

職業レーシングライダーではない一般ライダーであれば、きっとスピードトリプルのほうが速いラップタイムを刻めると思ったほどだ。そんな経験を今度の新型に重ねてみると、エンジンも車体も電制も全方位的にアップグレードされた新型スピードトリプルの走りは相当期待が持てそうだと思う。

“大は小を兼ねる”スポーツバイクの理想像

実は先日、オンラインで行われた新型スピードトリプルの国際プレス発表会でトライアンフ本社開発者に質問する機会があった。先にデビューしたMoto2エンジンベースの新型ストリートトリプルRSとの棲み分けについて聞いたところ、「よりパワフルに軽く俊敏な走りに進化した新型スピードトリプルは、ストリートトリプルの優れた部分を包括しつつ、さらにパワフルで高い次元のライディングを求めるライダーのためにある」というような回答を得た。

210129_sagawa_01-680x472.jpg

「大は小を兼ねる」ということだろうか。かつて1200ccもの大排気量車は鈍重なツーリングマシンと相場が決まっていたが、はたして時代は変わった。つまり、新型スピードトリプルは街乗りなどの普段使いからスポーツツーリングまで幅広く楽しめて、もちろん本領発揮のサーキットでは抜群に速い、というスポーツバイクとしての理想像を形にしたものなのだ。

画像をじっと眺めるだけで、いやが上にも期待が高まってくる。4月上旬からのデリバリーが楽しみである。

【ウェビック バイク選び】
【SPEED TRIPLE 1200 RS】の新車・中古車を見る

【ウェビック ショップナビ】
トライアンフ関連ショップを探す

トライアンフ SPEED TRIPLE 1200 RSの価格情報

トライアンフ SPEED TRIPLE 1200 RS

トライアンフ SPEED TRIPLE 1200 RS

新車 1

価格種別

中古車 0

本体

価格帯 203万円

203万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

万円

価格帯 ―万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ―万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加

ピックアップ記事

  1. rebel1100_00-680x510-1-150x112.jpg
    二人乗りが多い人にオススメのバイクをまとめました ウェビックユーザーの情報を基に、シチ…
  2. 001_22MY_Kawasaki_Ninja_1000_SX-680x456-1-150x112.jpg
    カワサキは欧州でニンジャ1000SXのニューカラーを設定し、2022年モデルとして発表した。…
  3. 211015_norick_001_maiki-150x112.jpg
    ■大会名:2021筑波ロードレース選手権シリーズ第4戦 ■開催日:2021年10月9日(土…
ページ上部へ戻る