シルバン・ギュントーリ選手と渡辺一樹選手がYOSHIMURA SERT MOTULに加入

210125_ewc-yoshimura-680x456.jpg

経験豊富なチャンピオンと鈴鹿8耐のスペシャリストが加入

フランス人ライダーのシルバン・ギュントーリ選手と日本人ライダーの渡辺一樹選手の2名が、グレッグ・ブラック選手、ザビエル・シメオン選手とともにFIM世界耐久選手権に参戦するスズキファクトリーチーム、Suzuki Yoshimura SERT Motulの2021年ラインナップに加わることとなった。
2020年10月、2019-2020年のFIM EWCチャンピオンを獲得したスズキファクトリーチームは、その後、日本のヨシムラと連携を取り、新チーム「Yoshimura SERT Motul」を結成することを発表した。

新年を迎え、Yoshimura SERT Motulは、再び世界タイトルを獲得するための2021年ライダーラインナップを発表した。2014年のスーパーバイク世界チャンピオンであるシルバン選手と渡辺選手が、グレッグ選手、ザビエル選手とともにスズキから参戦する。

→全文を読む

情報提供元 [ EWC × Webike 世界耐久選手権サポートサイト ]

           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る