ヨシムラSERT Motulがライダーラインアップを発表 2021年世界耐久選手権タイトル防衛に挑む

210122_suzuki_01-680x456.jpg

ヨシムラSERT Motulは、2021年のFIM世界耐久選手権(EWC)チャンピオンシップタイトルを防衛するためのライダーラインアップを発表した。

4名のライダーは、SERTから継続参戦となるグレッグ・ブラックとザビエル・シメオンに、シルバン・ギントーリと開発およびリザーブライダーの渡辺一樹が加わり、才能と経験豊かなチーム構成となった。

ヨシムラSERT Motulは、4月17~18日にフランスで開催される2021年EWC第1戦のル・マン24時間耐久レースより新体制でタイトル防衛を目指す。

加藤陽平 チームディレクター

この4人の素晴らしいライダーを新チームのヨシムラSERT Motulに迎えることができてとても嬉しいです。ライダーの安定性とチームへの献身、そしてスピードとバランスを重視して2021年のメンバーを決めました。
決定を下すにあたり、チームマネージャーのダミアン・ソルニエの意見も尊重し、タイトルを守るために非常にバランスの取れたラインアップができたと感じています。

シルバンと渡辺一樹は共に鈴鹿8耐のヨシムラスズキチームの一員として深く関わっており、ご存知のようにシルバンは昨年の世界タイトルを獲得したスズキMotoGPマシンGSX-RRの開発を担当しチームへ貢献していました。渡辺一樹はこのEWCプロジェクトの開発ライダーを兼ねており、その実力を高く評価しています。
グレッグは長らくSERTでハードワーカーとしてチームを支え、昨年はチャンピオン獲得に導きました。彼の代名詞でもある最速のル・マン式スタートが今年も楽しみです。
ザビエルは昨年半ばにSERTに加入し、安定したスピードでチームに貢献しました。これまでのキャリアでMoto2やMotoGPといった世界トップクラスの中で腕を磨いてきたので、2021年にはさらなる活躍を期待しています。

この4人のライダーとチームの力を集結させて、世界タイトル防衛に挑みますので、応援をよろしくお願い致します。

シルバン・ギントーリ 選手

210122_suzuki_02_sylvain-524x680.jpg
EWC参戦は素晴らしいチャレンジになります。過去にSERTからはドーハ8時間レース(2010年)に、ヨシムラスズキからは鈴鹿8耐に3年連続(2017~2019年)で参戦しているので、シリーズを通して世界耐久選手権に挑戦することができて大変嬉しいです。

グレッグ・ブラック 選手

210122_suzuki_03_gregg-524x680.jpg
2020年の世界耐久チャンピオンとしての新シーズンが非常に楽しみです。特にスズキ、ヨシムラ、SERTのより強力なタッグに加え、新たにブリヂストンとのコラボレーションは非常に興味深いパッケージです。今年の第1戦は4月のル・マン24時間なので、シーズン初レースに向けて100%になるように準備をしていきます!

ザビエル・シメオン 選手

210122_suzuki_04_xavier-524x680.jpg
まず2021年の目標は2020年のチャンピオンタイトルを維持することですが、SERTとヨシムラのより強力なコラボレーションにとても期待しています。チームはとても居心地がよくGSX-R1000にも満足しています。今年はシルバンやカズキをチームに迎え、グレッグと共に一緒に良いチームにできると確信しています。

渡辺一樹 選手

210122_suzuki_05_watanabe-524x680.jpg
ヨシムラSERT Motulの一員になれてとても誇りに思っています。昨年はEWCマシンを開発するためにたくさんのテストをこなしてきましたが、テストライダーとしてマシン作りに集中することができたのは初めての経験で、ヨシムラスズキGSX-R1000をより深く理解することができました。
レースに出るのをとても楽しみにしていますし、チームメイトからのマシンの評価も楽しみです。鈴鹿8耐以外のEWC参戦は新しい挑戦であり、今まで24時間レースを経験したことがないので、チームのために全力を尽くします。

情報提供元 [ スズキ ]

           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る