【新車】ハーレーダビッドソン、2021年モデル全25車種を1/20より一斉発売 「ストリートボブ 114」が新登場

210120_hd21_01-680x454.jpg

写真提供:ハーレーダビッドソン ジャパン
※画像は全て米国仕様

ハーレーダビッドソン ジャパンは、2021年モデル全5ファミリー25車種を発表し、1月20日(水)より予約販売を開始した。

2021年モデルは1月20日未明(日本時間)に、世界同時公開型バーチャル・イベントで公開され、ミルウォーキーエイト114エンジンを搭載し排気量をアップグレードした新クルーザー「ストリートボブ 114」が新登場した。

【ウェビック バイク選び】
【ハーレーダビッドソン】の新車・中古車を見る

ストリートボブ 114

210120_hd21_02-680x454.jpg

210120_hd21_03-680x454.jpg

クラシカルなハードテイルの外観を持ちながら、現代的なサスペンションで支え、スムーズな乗り心地と優れたハンドリングを実現している。フレームとスイングアームの間に配置されたシングルコイルオーバーショックは、シートの下に設計され、剛性を犠牲にすることなく軽量化を実現した。

リジッドマウントされたミルウォーキーエイトVツインエンジンは、フレーム全体の剛性をさらに高め、力強い加速と応答性の高いハンドリング、ブレーキ性能を実現するプラットフォームに貢献する。
ミルウォーキーエイトVツインエンジンは、45度のシリンダー角を持つデザインで、クラシカルなハーレーダビッドソンのルック、サウンド、フィールを維持している。
フレームに強固にマウントされているため、エンジンにはデュアルカウンターバランサーが装備されており、アイドリング時の一次振動をキャンセルしてライダーと同乗者の快適性を向上させた。

4バルブシリンダーヘッド(1ヘッドあたり排気2バルブ、吸気2バルブの計8バルブ)がエンジン内の空気の流れを促進して出力に貢献するとともに、デュアルスパークプラグが完全燃焼を実現し、パワーと効率を最大限に引き出す。先進のシリンダーヘッド設計、デュアルノックセンサー、精密冷却により、10.0:1の圧縮比を実現し、強力なトルク出力と加速を実現した。

グローバル・バーチャル・イベント アーカイブ

【ウェビック バイク選び】
【ハーレーダビッドソン】の新車・中古車を見る

情報提供元 [ ハーレーダビッドソン ジャパン ]

           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る