2021年FIM EWCのレース開催スケジュール、全5戦が決定

210106_EWC-680x456.jpg

ルマンで2021年シーズンが開幕

2021年FIM世界耐久選手権のスケジュールは、全5戦で構成されることとなった。

2020年9月にポルトガルで開催された最終戦で、2019-2020年シーズンは終了したが、2021年4月17日、18日にフランスのブガッティ・サーキットで開催されるルマン24時間レースでFIM世界耐久選手権2021年シーズンが開幕する。

2020年に中止となった3つのビッグレースが2021年のカレンダーに復帰する。

ドイツ、オッシャーズレーベン8時間レースは5月23日(日)に、日本の鈴鹿8時間耐久レースは、東京オリンピック開幕直前の7月18日(日)に、そして、ボルドールは、9月18日、19日にフランス、ル・キャステレのポール・リカール・サーキットで開催される予定だ。

ポルトガル、エストリル12時間レースは、2020年と同様、2021年シーズンを締めくくる。レースは、10月16日(土)、リスボン近郊のサーキットで開催される。

2021年FIM EWC暫定カレンダー

2021年4月17日-18日 – ルマン24時間レース – フランス
2021年5月23日 – オッシャーズレーベン8時間レース – ドイツ
2021年7月18日 – 鈴鹿8時間耐久レース – 日本
2021年9月18日~19日 – ボルドール24時間レース / ル・キャステレ – フランス
2021年10月16日 – エストリル12時間レース – ポルトガル

→全文を読む

情報提供元 [ EWC × Webike 世界耐久選手権サポートサイト ]

           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る