【ロイヤルエンフィールド コンチネンタルGT650試乗レポート】60年代英国車の輝きを今に伝える正統派カフェレーサーだ!

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

201221_sagawa_01-680x453.jpg

ロイヤルエンフィールドは19世紀末に英国で創業した世界最古級のモーターサイクルブランドである。現在はインド資本のメーカーだが、開発とデザインは今でもバーミンガムにあるテクニカルセンターで行われている。その最新作である「コンチネンタルGT650」は英国車全盛時代の面影を残す現代のモデルである。

伝統の名を冠して蘇った現代のバーチカルツイン

最初に少しだけ前説を。1960年代に生まれた初代コンチネンタルGTが登場したのは1960年代。低めのクリップオンハンドルやレーシングシートを備えたカフェレーサーとして人気を博した。その名が単気筒500ccモデルとして復活したのが2014年で、実はロンドンで開催された国際ローンチに自分も参加する機会を得た。

201221_sagawa_02-680x453.jpg

バイクに熱中する当時の若者たちの生きざまを描いた映画「さらば青春の光」でも有名な港町・ブライトンまでツーリングしたが、歴史をよく知る地元の人々から温かい眼差しを送られたことを覚えている。そして今回、伝統的な空冷並列2気筒650ccのバーチカルツインを搭載した完全新設計のモデルとして蘇ったのだ。

201221_sagawa_03-680x453.jpg

270度クランクの野太い鼓動と18インチの手応えがいい

エンジンは低中速トルクに厚く、270度クランクによる不等間隔の野太い鼓動感が印象的だ。ただし硬質ではなくマイルドで乗っていて気持ちの良いフィーリング。
トルクが弾ける3000回転から6000回転辺りを使って街中をゆったり流すのが楽しいが、一方で吸気系はインジェクション+4バルブと現代的なので、アクセルを開ければパリッとした節度のある加速フィールも楽しめる。鼓動感の割に意外にも振動が少なく、メカノイズなども気にならないレベルだった。

201221_sagawa_07-680x453.jpg

高速道路も走ったが、6速ミッションなので回転を上げずに走れるところがいい。ハンドリングもとても安定感があって、クラシカルな前後18インチのワイヤースポークホイールはデザイン的にも優雅だが、大径ゆえに程よい手応えがあって落ち着いて乗れる。

201221_sagawa_09-680x453.jpg

けっして俊敏ではないし車体もずっしりしているが、それでいて走り込んでいくとベテランの探求心をも満足させられるスポーティな一面も見えてくる。

見た目はノスタルジックだが乗り味はモダンだ

たぶん、フレームが優秀なのだと思う。理由を後で聞いて納得。伝統的なスチール製ダブルクレードルフレームは、なんと英国を代表するフレームビルダーのハリス社が設計しているのだ。ちなみにハリス社はかつてWGPのレーシングマシンにもフレームを提供していた実績があるその道のエキスパートだ。

201221_sagawa_04-680x453.jpg

だからなのか、見た目は60年代カフェレーサー風だが乗り味はモダンで古い感じがしない。足まわりもサブタンク付きツインショックにABS付きのBYEBRE製前後ディスクブレーキなど過不足のない装備が整えられている。サスペンションは乗り心地を優先したと思えるソフトセッティングだが、タイヤも現代版のピレリ製ファントムを履いていることもあり、しっかり曲がるし止まってくれる。

実はサーキットにも持ち込んで試走してみたが、けっこう攻め込んだ走りをしても問題ないレベルだった。もちろん現代のマシンなので当たり前ではあるが、安心して乗れることは重要なポイントである。

スタイリッシュに都会の街を駆け抜けたい

201221_sagawa_20-680x453.jpg

独特のロングタンクにセパハン、アナログな2連メーターから臨む景色はまさに60年代カフェ。ライポジとしては若干グリップ位置が遠めになるが、極端な前傾ではないのでツーリングも十分こなせるレベルと思う。また、感心したのはハンドル切れ角の大きさで、豊かな低中速トルクを生かしてUターンもしやすかった。
シート高は790mmと標準的でスリムなシートとえぐりのあるタンクのおかげで足着きも良かった。

201221_sagawa_08-680x453.jpg

60年代英国車の輝きを今に伝えるコンチネンタルGT650。空冷バーチカルツインのノスタルジックな鼓動に包まれて、都会の街を颯爽と駆け抜ける。今だから乗りたくなる粋なカフェレーサーだ。

【ウェビック バイク選び】
【Continental GT 650】の新車・中古車を見る

ロイヤルエンフィールド Continental GT 650の価格情報

ロイヤルエンフィールド Continental GT 650

ロイヤルエンフィールド Continental GT 650

新車 8

価格種別

中古車 0

本体

価格帯 79.5~91.6万円

84.02万円

諸費用

価格帯 16.2~17.26万円

17.55万円

本体価格

諸費用

本体

万円

価格帯 ―万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 96.76~107.8万円

101.57万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ―万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る