スロットルの遊びは5mmがベスト!少なすぎは危険です。|ケニー佐川の「楽テクBIKE塾」アクセル操作(3)

201211_rakuteku19_01-680x454.jpg

ライディングスクール講師として豊富な実績を持つケニー佐川が、楽に楽しく安全にバイクを操るためのコツを記事と動画で分かりやすくアドバイス!バイク初心者はもちろん、リターンライダーからベテランまで目からウロコの楽ネタ満載です。今回はスロットルワイヤーの調整について!

スロットルの遊びが多すぎると扱いにくい

スロットルの「遊び」はどれぐらいとればよいのか?どの程度がベストなのか?いまひとつ釈然としない方も多いのではないでしょうか。バイクに付いてくるオーナーズマニュアルなどを見ると、だいたい「5mmから10mm程度」と書いてある場合が多いようです。
しかしながら、10mmも遊びがあると実際のところ、スロットルオフからオンへの移行でタイムラグが出たり、いざ加速したいときに遅れが生じたりして扱いにくくなる場合があります。

201211_rakuteku19_02-680x382.jpg

スロットルを全閉にして再び開けようとすると、数ミリから1cm程度のワイヤーの張力がかかっていない部分があるはずだ。これがスロットルの「遊び」。張力がかかってからが本当のスロットル開度で、ノーマル車両の場合で通常は70度~90度程度の設定になっている。

→全文を読む

情報提供元 [ Motor-Fan BIKES ]

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る