【新車】ハーレーダビッドソン、電動スポーツバイク「LiveWire」の予約販売を開始

201203_LiveWire_01-680x454.jpg

ハーレーダビッドソン ジャパンは、ハーレーダビッドソン初の電動スポーツバイク『ライブワイヤー』日本モデルを、12月3日(木)よりハーレーダビッドソン公式サイトならびに全国のライブワイヤー正規取扱ディーラーにて予約販売を開始した。

【関連ニュース】
ハーレー初の電動スポーツバイク 「LiveWire」を神田明神で12/3から12/6に日本初展示 “ハーレー落語“も初公開

ライブワイヤーは電気のみをエネルギー源とするまったく新しいモーターサイクル。クラッチ操作不要でスロットルをひねった瞬間に100%のトルクを発揮し、約3秒で時速100km/hにまで到達するライディング体験はまさに異次元で、ハーレーダビッドソンの電動スポーツバイクのフラッグシップにふさわしい新世代の1台だ。

加速時に奏でられる新たなH-Dサウンド、ライダーの好みや路面状態に最適化した7つのライドモード、先進安全技術もふんだんに盛り込んだライブワイヤーは、世界初の量産電動スポーツバイク*1であり、日本モデルはアジア最初の導入となる。
ライブワイヤーのシャシー底部には、電動バイクの要となるH-D Revelation電動モーターがあり、その上部(車体中央)には15.5kWhの高電圧バッテリーが搭載されている。100%充電時の最大航続距離はおよそ235km(シティモード走行時)*2
普通充電(J1772)に加え、日本国内でも一般的な急速充電規格・CHAdeMO(チャデモ)に対応しており、街中やSA/PA、道の駅などでも手軽に充電が可能だ。このバッテリーには5年間の走行距離無制限の保証が付帯しており、車両本体にも3年の保証が合わせて付帯する。

*1 ハーレーダビッドソン ジャパン調べ
*2 SAEJ2982に従い測定した推定走行可能距離(シティモード)

201203_LiveWire_02-680x454.jpg

日本モデルは「オレンジヒューズ」と「ビビッドブラック」の2色展開。出荷および納車は2021年2~3月となる。日本国内のライディングには「大型自動二輪車免許」か「大型自動二輪車免許(AT限定)」が必要となり、車検は不要。
12月11日(金)からは全国の正規取扱ディーラーにて順次日本モデルの展示も行われる。

【ウェビック バイク選び】
【LiveWire】の新車・中古車を見る

LiveWire

希望小売価格:3,493,600 円(消費税込)

オレンジヒューズ

201203_LiveWire_08-680x510.jpg

ビビッドブラック

201203_LiveWire_09-680x510.jpg

ライブワイヤーの心臓、H-D Revelation電動パワートレイン

201203_LiveWire_03-680x454.jpg

リチウムイオン電池で構成される15.5kWhの高電圧バッテリー(RESS:充電式エネルギー貯蔵システム)を電源として、ライダーがスロットルを回すとH-D Revelation電動パワートレイン(モーター)が駆動します。
もちろん排ガスは0です。クラッチやシフトチェンジの煩わしさから解放され、スロットルレバーの操作によって自由自在に回転数を制御するイージーライドを実現しています。なおライブワイヤーには、起動のための電力を供給するサブバッテリーも搭載されています。

7つのライドモードをタッチパネルで選択!自分好みに乗り味アレンジ

201203_LiveWire_04-680x454.jpg

ライダーは、スピードメーターやバッテリー残量も表示するカラータッチスクリーンを通して乗り味の異なる7つのライドモードを自由に選択できます。
フルパワーと最速のスロットルレスポンスを可能にする「スポーツモード」、日常使用に最適なバランス重視の「ロードモード」、走行距離を最大限に引き出す「レンジモード」、荒天時等に最適な安全性能重視の「レインモード」に加え、ライダー自身が自分好みにアレンジ可能な3つの「カスタムモード」も登録することができます。

異次元の走りを支えるライブワイヤーならではの技術

201203_LiveWire_05-680x478.jpg

ライブワイヤーはスロットルを開けていない走行時に回生充電を行います。この回生プロセスは、ライダーにとってはエンジンブレーキのように感じられ、その回生レベルは上述のライドモードの設定によりライダー自身が任意に選択可能です。
H-D/ミシュラン Scorcher Sportタイヤはライブワイヤー特別設計で、日本のSHOWA製 SFF-BP(セパレートファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)によって、優れた低速減衰制御を実現する等、異次元の走りを革新的な技術とパーツが支えています。

先進安全技術 REFLEXディフェンシブライダーシステム(RDRS)

201203_LiveWire_06-680x454.jpg
ライブワイヤーの機敏なハンドリングは、市街地での確実なコントロールだけでなく、カーブの多い山道でのスリリングな走りと安全性の両立を実現しています。
それを支えるのが、加速・減速・制動のトラクションに合わせてモーターサイクルのパフォーマンスを最適化する先進安全技術「リフレックスディフェンシブライダーシステム(RDRS)」です。
直線やターンでの加速中と制動中のライダーの車両制御を支援するように設計されており、悪路や緊急事態での運転に役立つシステムとなります。

CHAdeMO含む2つの充電オプションに対応。バッテリー5年保証付

201203_LiveWire_07-680x510.jpg

付属充電ケーブル(プラグは200V3ピン)を使用する普通充電(J1772)は、およそ一晩(約12.5時間)で0%から100%までのフル充電が可能で、ご家庭等での充電に最適です。また最新のレベル3急速充電(DCFC)テクノロジー(CHAdeMO規格)にも対応するため、外出先でも手軽に充電を行うことが出来ます。
約40分で0~80%のDC高速充電が、約60分で100%満充電が可能です。バッテリー(RESS)の保証期間は5年で、走行距離の制限はありません。

スペック

全長/シート高:2,135 mm/795 mm
車両重量:255kg
モーター:H-D REVELATION
バッテリー容量(総電力量):15.5 kWh RESS=Rechargeable Energy Storage System(電力貯蔵システム)
充電時間と航続距離:普通充電:1時間の充電で15km~15.8km走行(WMTC サイクル)
 ※WMTC cycle=Worldwide-harmonized Motorcycle Test Cycle 0から80%充電で10時間、0から100%充電で 12.5時間
DC急速充電の充電時間と航続距離:DC急速充電:1時間の充電で239km~253km走行(WMTC サイクル) 0から80%充電で40分、0から100%充電で1時間
最大航続距離:市街地=235km、高速道路=152km
最大トルク:114Nm
最高出力:75kW
ブレーキ:フロント ブレンボ4ピストンラジアルマウント モノブロックキャリパー/リア ブレンボ2ピストンキャリパー
サスペンション:SHOWA SFF-BP 43mm フルアジャスタブル倒立フロントフォーク/SHOWA BFRC-lite フルアジャスタブル リアショック
タイヤ:Michelin Scorcher “Sport” フロント 120/70 ZR17 58W/リア 180/55 ZR17 73W
モード:スポーツ、ロード、レイン、レンジ、カスタム(3種類)

12月6日まで神田明神で日本初展示。
12月11日からはライブワイヤー正規取扱ディーラーにて特別展示も開催

ライブワイヤー日本モデル発売を記念し東京・神田明神では12月6日(日)迄先行展示を実施しています。また12月11日(金)からの各週末は全国の全国のライブワイヤー正規取扱ディーラーにて順次、展示販売を行います。

【ライブワイヤー特別展示開催店舗一覧】

■12/11(金)~13(日) 東海・近畿
ハーレーダビッドソン中川(愛知)、
ハーレーダビッドソン沼津(静岡)
ハーレーダビッドソン南大阪(大阪)、
ハーレーダビッドソンプラザ伊丹(兵庫)
ハーレーダビッドソン神戸(兵庫)

■12/18(金)~20(日) 北海道・西日本
ハーレーダビッドソン札幌(北海道)
ハーレーダビッドソン倉敷(岡山)
ハーレーダビッドソンバルコム広島(広島)
ハーレーダビッドソン佐賀(佐賀)

■1/9(土)~11(月祝) 関東
ハーレーダビッドソンバルコム杉並(東京)
ハーレーダビッドソン東久留米(東京)
ハーレーダビッドソン埼玉花園(埼玉)
ハーレーダビッドソン横浜(神奈川)

【ウェビック バイク選び】
【LiveWire】の新車・中古車を見る

情報提供元 [ ハーレーダビッドソン ジャパン ]

           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る