カワサキ「Ninja H2 SX/SE/SE+」にリコール 最悪の場合、エンジンがロックするおそれ

201104_recall_01-680x456.jpg
※参考画像

■リコール対策届出日
令和2年11月2日

■リコール対策届出番号
4837

■リコール対策開始日
令和2年11月2日

■届出者の氏名又は名称
川崎重工業株式会社
代表取締役 橋本 康彦

■問い合わせ先
カワサキモータースジャパン
お客様相談室 TEL 0120-400-819

■不具合の部位(部品名)
動力伝達装置(トランスミッションギヤ)

■基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

動力伝達装置において、エレクトロニックコントロールユニット(ECU)のエンジン制御プログラムが不適切なため、変速ギヤが噛み合わない場合にエンジン回転数が急激に上昇し、再度繋がる際にギヤに高い衝撃力が加わることがある。そのため、アウトプットギヤが破損し、変速できなくなり、最悪の場合、ギヤの破片が噛み込みエンジンがロックするおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、エレクトロニックコントロールユニット(ECU)のエンジン制御プログラムを対策プログラムに書き換える。

■不具合件数
2件

■事故の有無
無し

■発見の動機
市場からの情報による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメール等で通知する。
・自動車特定整備事業者等:日整連発行の機関紙に掲載する。
・弊社のインターネットホームページのリコール等情報サイトに掲載する。

■車名
カワサキ

■リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間・台数
・通称名:「Ninja H2 SX」「Ninja H2 SX SE」「Ninja H2 SX SE+」
  型式:2BL-ZXT02A
  車台番号:ZXT02A-000800 から ZXT02A-009711
  製作期間:平成31年1月8日 から 令和元年12月12日
  対象台数:1,889台

■合計
・製作期間の全体の範囲:平成31年1月8日 から 令和元年12月12日
・計1型式3車種
・計1,889台

201104_recall_02.jpg

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

20150605_mybike_impcamp_800_250

中古車や、譲渡で入手したバイクだと、リコールの情報が届かないことも。WebikeではMYバイクへの登録で、リコール情報をメールにてお届けします!
 ※アカウントの登録が必要です
Webikeコミュニティ MYバイク登録方法

カワサキ ニンジャ H2 SXの価格情報

カワサキ ニンジャ H2 SX

カワサキ ニンジャ H2 SX

新車 13

価格種別

中古車 18

本体

価格帯 258.5~277.75万円

274.54万円

諸費用

価格帯 3.35~4.38万円

2.96万円

本体価格

諸費用

本体

215.11万円

価格帯 169.8~279万円

諸費用

35.8万円

価格帯 7.4~24.73万円


乗り出し価格

価格帯 261.85~282.13万円

277.5万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

250.91万円

価格帯 194.53~286.4万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る