リヤブレーキをガツンと強く!はダメな操作方法です!?|ケニー佐川の「楽テクBIKE塾」 リヤブレーキ操作(2)

ライディングスクール講師として豊富な実績を持つケニー佐川が、楽に楽しく安全にバイクを操るためのコツを記事と動画で分かりやすくアドバイス!バイク初心者はもちろん、リターンライダーからベテランまで目からウロコの楽ネタ満載です。今回はブレーキペダルの操作方法について!

リヤブレーキはあまり器用ではない

リヤブレーキはフロントブレーキはと違ってあまりデリケートな操作は期待できません。なぜなら足で操作しているから。足は手より大きな力が出せる反面、微妙な力加減は苦手。特にバイクでは分厚い革のブーツを履いての操作になるのでなおさらです。

もうひとつの理由は、バイクという乗り物の運転特性によるものです。通常のバイクはテレスコピックタイプのフロントフォークを採用しているため、前後ブレーキを同時にかけるとフォークが沈んで車体が前傾します。これをピッチングモーションと言いますが、強くブレーキをかけるほど、その動きも大きくなります。
ブレーキ入力の割合は前7:後3などと教習所でも習ったと思いますが、本当に限界近い強いブレーキではリヤが浮き上がってしまうこともあり、先ほどの入力割合で言えば前10:後0になってしまうわけです。そうなれば、後輪と路面との摩擦抵抗はゼロになってしまうわけで、当然リヤブレーキは簡単にロックしてしまいます。

油圧の反力の高まりを感じつつ、ペダルをじんわりと踏み込んでいく。ステップに置いた土踏まずを支点にして、親指の腹でペダルを押すイメージだ。

→全文を読む

情報提供元 [ Motor-Fan BIKES ]

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

           

ページ上部へ戻る