全日本ロードレース選手権第4戦 開催直前情報

全日本ロードレース選手権の第4戦が、栃木県のツインリンクもてぎで10月17日(土)、18日(日)に開催される。4戦の短期決戦となった、今シーズンのチャンピオン争いの行方を左右する一戦となる。

なお、大会の様子はライブで動画配信も行われる。

以下プレスリリースより


当初は4月末に予定されていたツインリンクもてぎ大会。岡山大会が台風で中止されたことにより、SUGO、オートポリスに続く3戦目となります。全日本格式の全クラスが行なわれ、JSB1000クラスは土曜と日曜に計2レースを開催。併催のMFJカップJP250は土曜日に開催されます。

会場となるツインリンクもてぎは、MotoGPも開催される国際コース。全長4.8km、中低速主体の14のコーナー(右8カ所、左6カ所)。最大ストレートは762メートル、最大高低差は30.4メートル。最大の見どころはダウンヒルストレートの先にある90度コーナーで、最大のパッシングポイントです。

最高峰クラスのJSB1000クラスはヤマハのファクトリーチームが参戦。MotoGPマシンの開発をも担うディフェンディングチャンピオン中須賀克行と今季4連勝中の野左根航汰が他を圧倒するスピード感と緊張感があふれるレースを展開します。
また今季新設されたST1000クラスではMotoGPの経験もあるベテランライダー高橋裕紀が開幕2連勝を達成しています。ST600、J-GP3は最後まで勝者の予想ができない激戦が続いています。

ライブ動画配信

■配信URL
→MFJ Live CHANNEL
→YouTubeでの視聴はこちら
 

開催要項

■大会名称
2020年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第4戦 スーパーバイクレースinもてぎ

■主催
株式会社モビリティランド/一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)

■協力
エムオースポーツクラブ(M.O.S.C.)

■公認
国際モーターサイクリズム連盟(FIM)

■開催日程
2020年10月17日(土)・18日(日)

■開催クラス
JSB1000/ST1000/ST600/J-GP3/併催・MFJ CUP JP250

■会場
栃木県・ツインリンクもてぎ(4.801.379m / 右回り)

■入場料
<前売り指定席観戦券[2日通し券]モビパークパスポート1日分付>
高校生以上 A席4,200円、B席3,900円/中学生 A席4,100円(指定席観戦券のみ1,700円)、B席3,800円(指定席観戦券のみ1,400円)/小学生 A席3,700円(指定席観戦券のみ1,100円)、B席3,400円(指定席観戦券のみ800円)/3歳~未就学児 A席2,200円(指定席観戦券のみ800円)、B席1,900円(指定席観戦券のみ500円)

<前売り自由観戦エリア観戦券[2日通し券]モビパークパスポート1日分付>
高校生以上 3,700円/中学生 3,600円(観戦券のみ1,200円)/小学生 3,200円(観戦券のみ600円)/3歳~未就学児 1,700円(観戦券のみ300円)

<前売り駐車券[2日通し券]>
4輪 1,600円/2輪 600円/SSW駐車券(数量限定)3,200円/ロードコースコースサイドキャンプステイ駐車券(限定110台)3,200円

→詳細はイベントホームページ

情報提供元 [ 日本モーターサイクルスポーツ協会 ]

           

ページ上部へ戻る