トライアンフ「タイガー900 GT/GTプロ/ラリー/ラリープロ」にリコール 後部反射器が脱落するおそれ


※参考画像

トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、「タイガー900 GT」「タイガー900 GT Pro」「タイガー900 Rally Pro」のリコールを発表した。

後部反射器において、製造公差が不適切なため、取り付け部の径が設定よりも小さくなっているものがある。そのため、走行振動等により後部反射器を固定するクリップが外れ、後部反射器が脱落するおそれがある。

対象のモーターサイクルにはトライアンフ正規販売店にて、後部反射器を良品に交換することが発表されている。リコール対象のユーザーへは、トライアンフよりダイレクトメールなどにて通知される。

以下プレスリリースより


■リコール対策届出番号
外-3111

■リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間・台数
・通称名:「タイガー900GT」
  型式:2BL-CDJ900
  車台番号:SMTTRE62D8L989123 から SMTTRE62D8LAA9581
  製作期間:令和元年11月28日 から 令和2年2月26日
  対象台数:4台

・通称名:「タイガー900GT プロ」
  型式:2BL-CDJ900
  車台番号:SMTTRE64D8L989171 から SMTTRE64D8LAA9300
  製作期間:令和元年11月28日 から 令和2年2月25日
  対象台数:19台

・通称名:「タイガー900 ラリー」
  型式:2BL-CDJ900
  車台番号:SMTTRE63D8L998531 から SMTTRE63D8L998543
  製作期間:令和2年1月16日 から 令和2年1月17日
  対象台数:2台

・通称名:「タイガー900 ラリープロ」
  型式:2BL-CDJ900
  車台番号:SMTTRE67D8L994443 から SMTTRE67D8LAA8142
  製作期間:令和元年12月19日 から 令和2年2月20日
  対象台数:15台

■合計
・計40台

■届出者の氏名又は名称
トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社

■問い合わせ先
トライアンフコール
03-6809-5233

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ トライアンフモーターサイクルズジャパン ]

20150605_mybike_impcamp_800_250

中古車や、譲渡で入手したバイクだと、リコールの情報が届かないことも。WebikeではMYバイクへの登録で、リコール情報をメールにてお届けします!
 ※アカウントの登録が必要です
Webikeコミュニティ MYバイク登録方法
           

ページ上部へ戻る