【新車】アプリリア、新型エンジンを搭載した「RS 660」を発表

アプリリアは、新型の100HP 660ccツインエンジンを搭載した全く新しいライトウェイトミドルスポーツ「RS 660」を発表した。

最高水準のスポーツバイクファクトリーが生み出す、最適なパワーウェイトレシオに基づいた全く新しいコンセプトのスポーツモーターサイクルとなった。研ぎ澄まされたシャーシ、ライトウェイト、新設計の100 HPツインエンジン、プレミアムな電子制御デバイス、そして息をのむほど美しく、スタイルとスマートさに新たな基準を打ち立てる。RS 660はテクノロジー、革新そしてデザインが完璧に融合した、アプリリアブランドの真髄だ。

カラーは「アシッドゴールド」「ラバレッド」「エイペックスブラック」の3色。日本での販売価格や発売時期は未定となっている。

新型100HPツインシリンダーエンジン

この排気量のツインエンジンで得られる性能としては画期的であり、より排気量の大きい2気筒エンジンの性能に匹敵する、10,500rpmで100HPの出力を誇り、最大で 11,500rpm までパフォーマンスを発揮させることが可能だ。
また、8,500rpmで67Nmの最大トルクを発生し、最大トルクの80%を4,000rpmで発生可能であり、6,250rpm 到達時には最大トルクの90%を発生する。
パフォーマンスと軽さに加え、V型2気筒エンジンと同レベルの特性とパワーを引き出すことも目標とされ、コネクティングロッドピンを270°で配置したバルブタイミングを選定した。
そのため、燃焼は非対称であり、270°オフセットされていることにより燃焼間隔が不規則となり、V型2気筒エンジンと同じようなパフォーマンスとサウンドを実現することができる。さらに、単一のカウンターシャフトを使用して、1次と2次の交互の力のバランスを簡単にとることができる。

最高水準の電子デバイス

スーパースポーツクラスのトップモデルが装備する機能をも上回る、トップクラスの性能を有する電子システムを搭載。6軸慣性プラットフォームを装備しており、加速度計とジャイロスコープを搭載することで路面に対するバイクの状態を認識することが可能です。ライダーからのインプットを記録及び処理し、データをECUに送信、制御パラメータにシームレスに介入する。

RS 660

アシッドゴールド

ラバレッド

エイペックスブラック

ディテール

RS 660オフィシャル動画

Designed for Future

Designed for Future

情報提供元 [ Piaggio ]

           

ページ上部へ戻る