ブレーキレバーは「スッ→ギュッ」がブレーキレバーの正しい握り方です| ケニー佐川の「楽テクBIKE塾」 ブレーキ操作(3)

ライディングスクール講師として豊富な実績を持つケニー佐川が、楽に楽しく安全にバイクを操るためのコツを記事と動画で分かりやすくアドバイス!バイク初心者はもちろん、リターンライダーからベテランまで目からウロコの楽ネタ満載です。今回はブレーキのかけ方について!

ガッツンブレーキはロックして最悪転倒

フロントブレーキ操作でありがちなのが、レバーを力任せに握る、いわゆるガッツンブレーキ。急な減速によりピッチングモーション(フロントが沈み込む動き)も大きく起きるし、下手をするとフロントロックして最悪の場合は転倒してしまうか、あるいはABS装備のモデルではシステムが介入して逆に制動距離が伸びてしまうことになりかねません。基本的なこととして、ブレーキ操作ではデリケートで丁寧な操作を心掛ける必要があります。

グリップは小指と薬指で軽く握るようにして、レバー操作用の人差し指と中指は遊ばせておくぐらいで丁度いい。グリップはあまりガチッとは握らないこと。

→全文を読む

情報提供元 [ Motor-Fan BIKES ]

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

           

ページ上部へ戻る