【新車】ヤマハ、2021年モデル「E-Vino」を発売 発売以来初のカラーチェンジ

ヤマハ発動機は、エレクトリックコミューター「E-Vino(イービーノ)」のカラーリングを変更し、2021年モデルとして11月20日に発売することを発表した。新色は「イエロー/ホワイト」「ホワイト」の2色。

「イエロー/ホワイト」は、ポップなイエローとクリーンなホワイトのツートンで明るくアクティブなカラーリングとした。「ホワイト」は、従来のホワイトカラーをベースに、グラフィックをブラックからダークネイビーに変更し、よりクリーンなイメージを表現している。また、どちらのカラーもホワイトのメーターリングを新たに採用した。

「E-Vino」は、原付一種スクーターの「Vino」をベースに開発した同社のエレクトリックコミューター第4弾。モーター出力制御によるスムーズな加速感や極低速での優れた実用トルク、着脱式バッテリーによる容易な充電などにより、快適な近距離移動を実現した。
なお、本製品の製造は、当社のグループ会社ヤマハモーター台湾で行う。

【ウェビック バイク選び】
【E ビーノ (電動バイク)】の新車・中古車を見る

E-Vino

メーカー希望小売価格:259,600円(消費税込)

ビビッドイエローソリッド2(イエロー/ホワイト)

ホワイトメタリック1(ホワイト)

【ウェビック バイク選び】
【E ビーノ (電動バイク)】の新車・中古車を見る

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

           

ページ上部へ戻る